ファム・ファタール(2002)のレビュー・感想・評価

ファム・ファタール(2002)

劇場公開日 2002年8月23日
2件を表示 映画レビューを書く

★ 魅惑の美女 レベッカ・ローミン=ステイモス

もう「パツキン最高!ヒャッハー!」
と言う、ヤケクソ気味の感想しか持てなかったお粗末な出来のエロチック・サスペンス。
デ・パルマ美学の衰退を目の当たりにして、心に苦痛を感じてしまう。
ところで坂本龍一の音楽がどこかラヴェルの「ボレロ」っぽいぜ、ヒャッハー!

みつまる。
みつまる。さん / 2015年10月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

『殺しのドレス』の方がよっぽどファム・ファタールである ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

カンヌ映画祭に御披露目されたダイヤ製の黄金蛇型セクシードレスを強奪した女が仲間を裏切り、トンズラ。

男を騙し、手玉に取り、身分を隠して逃げ回るクライムサスペンス。

監督は巨匠デ・パルマ、音楽は世界の坂本龍一、主演はスーパーモデルのレベッカ・ローミン=スティモスという豪華布陣に惹かれ、公開当時、意気揚々と在りし日の静岡ミラノに出向いたが、冒頭で、悪女がドレスを着たモデルを誘惑して、脱がせる際のレズビアンプレーシーン以外に何も残らない映画だった。

10年近く経た今、改めて観たのだが、

う〜〜む…っ

やっぱり濡れ場以外、一切、面白味の無い映画だと再認識した。

アメリカ大使夫人となった主人公がパパラッチのアントニオ・バンデラスをホテルやバーで挑発する場面もそうやけど、サスペンスとしての伏線をお色気が全て吹き消してしまっている。

瓜二つの女に出逢い、シメシメ…って、そんな夢のような噺有るかい?って、軽蔑視してたら、本当に夢オチやったから、言葉に困る。

特にメインの計画で元相棒達に川へ突き落とされると、なぜか主人公がスッポンポンで沈んでいく場面では、
「永井豪のマンガか!?」
と、ツッコミ入れる始末だった。

急に設定が7年後に飛ぶ割には、時間経過が皆無やったし、今から拳銃自殺する女がなぜ1人でロシアンルーレットを始めるのか!?

この期に及んで、何に賭けてんねん?!

ツツき出したらキリがない。

『キャリー』『殺しのドレス』etc.から続く冷酷非情な人間模様をネバネバ描くスライムみたいなデパルマ美学が健在やったから、まあエエかな。

そもそもあんなドレス盗んで、誰が着んねん?!って噺やけどね。

では、最後に短歌を一首

『紅い闇 絡み合う蛇 墜ちる夢 煌めきに発つ 毒を宿して』
by全竜

全竜
全竜さん / 2012年2月23日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 萌える
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi