映画ニュース

小栗旬、主演のHuluドラマ「代償」が日米同時配信

 
小栗旬主演のクライム・サスペンスドラマ
(C)2016「代償」製作委員会

[映画.com ニュース] 俳優・小栗旬が、伊岡瞬氏の小説をHuluがドラマ化する「代償」に主演していることがわかった。今作は日米同時配信が予定されており、小栗は「自分たちが作った作品が、海外の方にどのように感じていただけるのか気になりますね。キャストもスタッフも精一杯やりましたので」とコメントを寄せている。

原作は、「いつか、虹の向こうへ」で第25回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞をダブル受賞した伊岡氏が、2014年に上梓した同名小説。サイコパスの友人の手により人生と精神を破壊された弁護士が、その友人を葬り去ろうと苦闘する姿を描いたクライムサスペンス作だ。

弁護士・奥山圭輔(小栗)のもとに、1件の弁護依頼が舞い込んでくる。依頼主は、強盗殺人事件の容疑者・安藤達也。達也は圭輔の遠い親戚で、かつての友人だったが、あらゆる卑劣な手段を駆使し圭輔の人生を崩壊させたサイコパスでもあった。恐怖心と嫌悪感にさいなまれた圭輔は、この依頼を断るが、すでに達也の魔手はすぐ近くにまで及んでいた。

実験的な作品にも果敢に挑み、さまざまな役どころを演じてきた小栗が、今作では“精神の限界まで追い詰められた弱々しい男”を体現する。「今回はありがたいことに、最初に全話分の台本を頂いた」と明かし、「キャラクター作りについて考える時間がたっぷりあるので助かっている半面、実はこれまでに経験したことのない難しさも感じています」と吐露。その理由を「撮影では1日中、苦しんで薬を飲むシーンを何話分も撮ったりするんです」と説明し、「『どうやって差をつけたらいいんだろう!?』と、表現のバランスの取り方で試行錯誤する日々ですね」と語っている。

そんな小栗を、戸石紀子プロデューサーは「圧倒的な演技力のみならず、高身長、スタイルと魅力的な低い声は、海外のドラマファンからも好かれる要素です」と称賛。そして今作を「海外ドラマのように余計な説明を省いて、スピーディーな展開に見せることを意識しています」とアピールしている。

ドラマ「代償」は、小栗と親交の深い高橋努が得体の知れぬサイコパス・達也に扮し、片岡礼子、平田満、石橋凌、淵上泰史、柳英里紗、柳俊太郎、堀部圭亮ら多彩な面々が脇を固める。今秋にHuluで配信予定。全6話。