東出昌大×池松壮亮×菅田将暉の熾烈な心理戦開始!「デスノート」最新作本予告公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月5日 > 東出昌大×池松壮亮×菅田将暉の熾烈な心理戦開始!「デスノート」最新作本予告公開
メニュー

東出昌大×池松壮亮×菅田将暉の熾烈な心理戦開始!「デスノート」最新作本予告公開

2016年9月5日 06:00

リュークの人間を使った遊びが再び始まる「デスノート」

リュークの人間を使った遊びが再び始まる
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社
(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「デスノート」シリーズ10年ぶりの続編「デスノート Light up the NEW world」の本予告が完成した。物語の基軸となるデスノート対策本部特別チームのエース捜査官・三島創(東出昌大)、Lの遺伝子を受け継ぐ天才・竜崎(池松壮亮)、サイバーテロリストの紫苑(菅田将暉)が、それぞれの信念のもと熾烈(しれつ)な心理戦を繰り広げるさまが収められている。

映画の舞台は、デスノートを利用した大量殺人を犯したキラこと夜神月と、世界的名探偵Lとの命をかけた対決から10年後の世界。地上にもたらされた6冊のデスノートをめぐり、三島、竜崎、紫苑が頭脳戦を展開する。

公開された予告編は、10年前の月(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)の映像から始まる。竜崎はLと交わしたデスノートについての約束を明かし、紫苑は弥海砂(戸田恵梨香)に「夜神月は生きている」と意味深に告げ、三島は切迫した様子で「これは罠だ!」と叫び、前作から物語がつながっていることを示唆。複数の伏線が全編にわたって複雑に張り巡らされていることがうかがえる。そして映像の終盤では、安室奈美恵が歌う主題歌「Dear Diary」にのせて、バラバラだった3人がひとつの結末へと向かっていく。

デスノート Light up the NEW world」は、大場つぐみ氏・小畑健氏による大ヒットコミックの実写映画化シリーズの続編を、原作にはない完全オリジナル脚本で描く。東出、池松、菅田、戸田と川栄李奈船越英一郎中村獅童(声の出演)らが共演。佐藤信介監督がメガホンをとる。10月29日から東京・丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi