「テラフォーマーズ」小栗旬がトリッキーに演じる本多博士の本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月4日 > 「テラフォーマーズ」小栗旬がトリッキーに演じる本多博士の本編映像公開
メニュー

「テラフォーマーズ」小栗旬がトリッキーに演じる本多博士の本編映像公開

2016年5月4日 17:00

小栗旬が演じる本多晃博士の映像が公開「テラフォーマーズ」

小栗旬が演じる本多晃博士の映像が公開
(C)貴家悠・橘賢一/集英社
(C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 三池崇史監督×伊藤英明主演による人気漫画の実写映画化「テラフォーマーズ」で、小栗旬がトリッキーに演じる本多晃博士の本編映像が公開された。

火星で異常進化を遂げ、「テラフォーマー」と化したある生物を駆除するため、火星へ派遣された15人の人間たちの壮絶な戦いを描くSFアクション。小栗は、天才的頭脳と奇抜なファッションセンスを持ち、尊大で無慈悲な科学者の本多晃を演じている。原作の異なるキャラクターになった映画版の本多博士は、小栗が演じることを想定して三池監督が設定したという。

公開された映像では、「やあ、堂島くん」と火星にいる堂島啓介(加藤雅也)と通信する本多の姿が映し出されている。本多は、お気に入りのファッションを自慢すべく決めポーズをとってから話を始め、「い~ねっ、いいね、いいね」と悶えながら「このミッションが成功すれば、日本はほかの国を圧する技術を確立する!」とひとり喜びをかみしめる。一方的にハイテンションに話を終えた本多は、「堂島くん。君の肩に日本国の浮沈がかかっているというわけだ。じゃあ、よろしく」と通信を終える。これまでにも様々なキャラクターを演じきってきた小栗ならではの、クセのある本多の様子をうかがい知ることができる。

本多は、小町小吉(伊藤)ら15人のワケあり日本人を、言葉巧みに火星移住計画に巻き込んだ人物で、火星に順応するためと称し、小町たちに危険な手術「バグズオペレーション」を施す。その手術によって昆虫の遺伝子を組み込まれた小町らは、昆虫の特性を宿した肉体に変異し、テラフォーマーと戦いを繰り広げる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi