「巨蟲列島」劇場アニメ化を目指すクラウドファンディングがスタート

2019年6月3日 10:00

クラウドファンディングがスタート
クラウドファンディングがスタート

[映画.com ニュース] サバイバルホラー漫画「巨蟲列島」の劇場アニメ製作を目指すクラウドファンディングが、5月31日午後9時から、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」でスタートすることがわかった。

藤見泰高氏が原作、REDICE氏が漫画を担当し、秋田書店のWeb漫画サイト「マンガクロス」で連載中の原作は、謎の飛行機事故に遭遇し、人間を食らう巨大な蟲(むし)に支配された島に流れ着いてしまった高校生たちが、必死に生き抜いていく姿を描く。アニメ化第1弾として、6月20日発売の原作単行本第6巻の特装版にOVAが付属することが決まっており、サバイバル能力に長けた主人公の織部睦美をM・A・O、その親友である成瀬千歳を立花理香、男たちを色香で誘惑する神野美鈴をたかはし智秋が演じる。

クラウドファンディングは、金額別の全7コースで展開。「通りすがりの遭難者【島での生存は保証されません】」(3240円)では、リターンとして、制作報告メール受信権、アニメ設定リーフレット(PDF)、デジタル壁紙セットが用意されている。36人限定の「美鈴認定ガーディアン【美鈴と○○る確率90%】」(6万4800円)には、「たかはし智秋 vs 巨大ジガバチ 特製ブロマイド集~」と、そのお渡し会参加権などが付属。各12人限定の「千歳認定ガーディアン【千歳に惚れられる確率90%】」と「睦美認定ガーディアン【睦美に惚れられる確率90%】」(各10万8000円)では、千歳もしくは睦美が、自分の名前を叫んでくれる専用アニメ映像が制作される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース