「モンパチ」キヨサク&満島ひかり、沖縄出身の仲村颯悟監督の大学卒業を祝福 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月25日 > 「モンパチ」キヨサク&満島ひかり、沖縄出身の仲村颯悟監督の大学卒業を祝福
メニュー

「モンパチ」キヨサク&満島ひかり、沖縄出身の仲村颯悟監督の大学卒業を祝福

2019年2月25日 07:30

仲村颯悟監督(左)の大学卒業を祝う 満島ひかりと「MONGOL800」のキヨサク「人魚に会える日。」

仲村颯悟監督(左)の大学卒業を祝う
満島ひかりと「MONGOL800」のキヨサク
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「やぎの冒険」を13歳で発表しデビューした沖縄出身の大学生監督・仲村颯悟(りゅうご)氏が開催する「卒業記念イベント やぎと人魚とりゅうご 沖縄の中学生カントク、こんなに大きくなりました」が2月24日、東京・渋谷のユーロスペースで行われ、沖縄を代表するバンド「MONGOL800」のベース兼ボーカルのキヨサクがゲスト出演した。

同イベントは仲村監督が慶応大学卒業を記念して自ら企画したもので、13歳の時の監督デビュー作「やぎの冒険」と大学在学中に撮った長編第2弾「人魚に会える日。」を連続上映。「人魚に会える日。」は、基地問題で揺れる沖縄の姿を若者たちの視点から描いたもの。キヨサクはテーマ曲「henoko blue」を提供している。


画像2

[拡大画像]

仲村監督から直接連絡をもらって出演を決めたというキヨサク。「明後日(27日)、モンパチの20周年ライブが武道館であったので、タイミングがよかった。颯悟の『やぎの冒険』はビートたけしさん司会の『誰でもピカソ』で紹介されているのを見て、すごいなと思っていた」。実際の出会いは沖縄での路上だったそうで、「5年前にライブ会場に向かっている途中、車をドンドンと叩かれて、『やぎの冒険の監督です。よかったら、見てください』と言って、DVDを渡された」と明かした。仲村監督は「たまたまDVDを持っていた。ここで声をかけないと、いつ会えるか分からないと思ったので。『人魚に会える日。』を作る時、最初から主題歌はモンパチさんにお願いするつもりで、『仮編集を見てもらえますか?』とお願いしました」と話した。

キヨサクは「語弊があるかもしれないけど、荒々しい映画だなと思ったんです。暗いシーンが印象的で、重くもあるし、リアルでもあった。余韻がある作品だったので、歌詞は書けないなと思った。最後まで歌って欲しいと言われたんですけど、インスト(ロメンタル)で応えられたらいいなと思った。中身は『henoko blue』という題名で察してもらえればいいと思っていました」と語った。


画像3

[拡大画像]

トークの終盤には、前の上映回のゲスト、満島ひかりもサプライズで登場。曲にはもともと歌詞も用意しており、キヨサクはマンダリンを弾き語りながら、仲村監督、満島、キヨサクがその歌詞を朗読するという粋な演出もあって、満席の観客を喜ばせた。キヨサクは「まだ完成していない言葉のかけらを、ひかりちゃんも読んでもらってうれしい。この映画は、沖縄の若い人たちが感じている景色、視点だと思いますので、多くの人に届いたらいいと思う」と語った。

仲村監督は「みなさんに感謝を伝えるつもりでしたが、逆に恩をいただいてしまった。卒業後は企業に就職するつもりですが、もっと新しい世界を見たい、という思いがあります。そこから、また新しい物語を紡いでいきたい。何かを伝えること、何かを生み出すこと自体は引き続きやっていきたい」と新たな決意を語っていた。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報