米Vultureが選ぶ、2018年のベストMV10本 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月30日 > 米Vultureが選ぶ、2018年のベストMV10本
メニュー

米Vultureが選ぶ、2018年のベストMV10本

2018年12月30日 14:00

チャイルディッシュ・ガンビーノ

チャイルディッシュ・ガンビーノ
Photo by Cindy Ord/Getty Images for SiriusXM
[拡大画像]

[映画.com ニュース] エンタテインメントサイトの米Vultureが、2018年にリリースされたミュージックビデオのベスト10を選出した。

1位は、世界中で話題をさらったチャイルディッシュ・ガンビーノ(俳優ドナルド・グローバーのミュージシャン名義)の「This Is America」。グローバー主演ドラマ「アトランタ」の日本人監督ヒロ・ムライがメガホンをとった同作は、銃乱射事件などアメリカ社会の暗い現実を陽気なパフォーマンスで風刺してみせた。

2位は女性ラッパー、ティエラ・ワックの「Whack World」。彼女はInstagramが最長60秒まで動画を投稿できることにヒントを得て、1曲1分で15曲製作しアルバムに収めた。MVはコミカルになったりダークになったり、1分ごとにくるくると変わる世界観がユニーク。

3位は、ビヨンセとジェイ・Zがファミリーネームでリリースしている「APESHIT」。5位は、女優としても活躍するジャネール・モネイの「Dirty Computer」。6位は、下ネタ満載のリリック&演出でYouTubeから一時的に削除されたこともある注目の女性ラッパー、カップケイクの「Duck Duck Goose」だった。

米Vultureが選んだ、2018年のベストMV10本は以下の通り。

1.チャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America」
2.ティエラ・ワック「Whack World」
3.ザ・カーターズ「APESHIT」
4.2チェインズ(ft. YG and Offset)「Proud」
5. ジャネール・モネイ「Dirty Computer」
6.カップケイク「Duck Duck Goose」
7.トロイ・シバン「Bloom」
8.ドジャ・キャット「Moo」
9.ケンドリック・ラマー&シザ「All the Stars」
10.シェック・ウェス「Mo Bamba」

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報