エンターテインメント・ウィークリー誌が選ぶ2018年映画ベスト10 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月30日 > エンターテインメント・ウィークリー誌が選ぶ2018年映画ベスト10
メニュー

エンターテインメント・ウィークリー誌が選ぶ2018年映画ベスト10

2018年12月30日 13:00

「女王陛下のお気に入り」の一場面「荒野にて」

「女王陛下のお気に入り」の一場面
(C)2018 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース]米エンターテインメント・ウィークリー誌がさまざまなジャンルのベストテンを発表する毎年恒例のBest of 2018特集を展開している。注目の映画部門は、同誌のクリス・ナシャワティ記者とリー・グリーンブラット記者が選出。いずれもヨルゴス・ランティモス監督の「女王陛下のお気に入り」を1位、アルフォンソ・キュアロン監督の「ROMA ローマ」を2位に挙げているほか、「グリーンブック」(ピーター・ファレリー監督)が共通しているが、他はまったく異なる作品を挙げているのが興味深い。

米エンターテインメント・ウィークリー誌クリス・ナシャワティ記者が選ぶ2018年の映画ベストテン

1.「女王陛下のお気に入り」(ヨルゴス・ランティモス監督)
2.「ROMA ローマ」(アルフォンソ・キュアロン監督)
3.「Won’t You Be My Neighbor?(原題)」(モーガン・ネビル監督)
4.「Eighth Grade(原題)」(ボー・バーナム監督)
5.「パディントン2」(ポール・キング監督)
6.「ミッション:インポッシブル フォールアウト」(クリストファー・マッカリー監督)
7.「Sorry to Bother You(原題)」(ブーツ・ライリー監督)
8.「ファースト・マン」(デイミアン・チャゼル監督)
9.「グリーンブック」(ピーター・ファレリー監督)
10.「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」(パノス・コスマトス監督)

米エンターテインメント・ウィークリー誌リー・グリーンブラット記者が選ぶ2018年の映画ベストテン
1.「女王陛下のお気に入り」(ヨルゴス・ランティモス監督)
2.「ROMA ローマ」(アルフォンソ・キュアロン監督)
3.「ブラックパンサー」(ライアン・クーグラー監督)
4.「アナイアレイション 全滅領域」(アレックス・ガーランド監督)
5.「荒野にて」(アンドリュー・ヘイ監督)
6.「グリーンブック」(ピーター・ファレリー監督)
7.「バーニング」(イ・チャンドン監督)
8.「へレディタリー 継承」(アリ・アスター監督)
9.「Free Solo(原題)」(ジミー・チン、エリザベス・チャイ・バサルヘリィ監督)
10.「THE GUILTY ギルティ」(グスタフ・モーラー監督)

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報