舞台「はたらく細胞」愛らしい血小板や特撮怪人のような細菌など全キャラクタービジュアル公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月5日 > 舞台「はたらく細胞」愛らしい血小板や特撮怪人のような細菌など全キャラクタービジュアル公開
メニュー

舞台「はたらく細胞」愛らしい血小板や特撮怪人のような細菌など全キャラクタービジュアル公開

2018年11月5日 16:00

(左から)森田恵、岸田結光、 木内彩音(血小板役)

(左から)森田恵、岸田結光、
木内彩音(血小板役)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 清水茜氏が「月刊少年シリウス」(講談社刊)で連載中の漫画「はたらく細胞」を舞台化した、「体内活劇『はたらく細胞』」のキャラクタービジュアルが追加発表された。スモック姿がかわいらしい、人気子役の岸田結光、森田恵、木内彩音が演じる血小板をはじめとする、人体を守るために日夜奮闘する細胞たちのコスチュームは、原作を忠実に再現。特撮「仮面ライダーW」で園咲霧彦役を務めた君沢ユウキが演じるキラーT細胞、03~09年に宝塚歌劇団星組で男役として活躍した茉莉邑薫が演じるNK細胞などの姿も明らかになっている。

一方、化膿レンサ球菌や肺炎球菌といった、人体に害をなす細菌やウイルスたちは、特撮作品に登場する怪人のような姿で表現。このたびの発表をもって、和田雅成演じる白血球(好中球)、七木奏音演じる赤血球を合わせ、登場全キャラクターの舞台版ビジュアルが出そろったことになる。

原作は、赤血球や白血球などの擬人化された細胞たちが、人間の体を健康に保つために日々めまぐるしく働く姿や、知られざるドラマを描く。今年7~9月にテレビアニメ全13話が放送され、現在はTOKYO MXで再放送が行われている。舞台版「体内活劇『はたらく細胞』」は、11月16~25日に、東京・シアター1010で上演。出演者が劇場を駆けまわって観客に話しかけるなど、ともにステージを盛り上げる演出が予定されている。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi