名画座の閉館が加速化、都内23区9館のみ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月15日 > 名画座の閉館が加速化、都内23区9館のみ
メニュー

名画座の閉館が加速化、都内23区9館のみ

2014年7月15日 14:00

7月20日に閉館する三軒茶屋シネマ

7月20日に閉館する三軒茶屋シネマ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]都内の名画座の閉館が止まらない。このほど、7月20日に三軒茶屋シネマ、8月31日に新橋文化と新橋ロマンの閉館が決まった。昨年は銀座シネパトス、三軒茶屋中央劇場、一昨年は浅草中映、浅草名画座などが閉館しており、名画座の閉館が加速化している。

閉館には、建物の老朽化、デジタル対応への難しさ、集客率の低下など、いくつもの事情が重なっている。ここ数年では、ミニシアターの閉館が相次いだが、その閉館の波が名画座にも押し寄せてきた。

今後も営業を続けていく、都内23区の名画座は9館のみ。いずれも、個性あふれる番組編成で定評があり、だからこそ、それぞれに映画ファンがついている。ミニシアターと同じく、名画座もまた、淘汰の時代に入ったのかもしれない。(文化通信)

フォトギャラリー

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi