映画「モテキ」森山「一生分モテまくった」 リリーは公開セクハラ?

2011年8月30日 19:38

ドラマ、映画とモテまくった森山未來
ドラマ、映画とモテまくった森山未來

[映画.com ニュース] 森山未來主演、人気漫画を映画化した「モテキ」の完成披露イベントが8月30日、東京・六本木グランドハイアットで行なわれた。エレガントなドレス姿の長澤まさみ麻生久美子仲里依紗真木よう子に続き、投げキッスをしながら登場した森山は「去年から今年にかけて一生分ぐらいモテまくったので満足です」と、豪華女優陣との共演を振り返った。

原作の「モテキ」は久保ミツロウの人気コミックス。サブカル好きのサエない派遣社員・藤本幸世に、30歳を目前にしたある日を境に突然、これまで知り合った女性たちから連絡が入る“モテキ”が到来。色めく幸世だが、これまでの苦い経験から最後の一歩が決められない……というコミカルでほろ苦いラブストーリー。森山主演で昨年、テレビ東京でドラマ化され、深夜枠の放送にもかかわらず高い視聴率をマークした。

映画版は、ドラマで演出を手がけた大根仁が初の映画監督を務め続投。31歳になりニュースサイトのライターとして転職に成功した、幸世の新たな恋模様を描く。長澤ら4人の女優陣は、映画オリジナルのキャラクターに扮し幸世を翻ろうする。森山は「毎日とっかえひっかえべっびんさんとキスだの、胸を触るだのやりたい放題やらせていただいた」と、草食系男子・幸世の成長を満足げに語った。

女ぐせの悪いCEO・墨田を演じる、リリー・フランキーは「俺はモテているんじゃなくて、絶倫。役作りなしでいつも通りで臨んだ」と豪語し、司会を務めたテレビ東京の松丸友紀アナに「テレビで見るより胸大きいですね」と真顔でぽつり。会見中も松丸アナの胸を凝視し、公開セクハラさながらのパフォーマンスで会場を笑わせていた。

映画「モテキ」は、9月23日全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース