シュワルツェネッガー息子「最低な気分」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月18日 > シュワルツェネッガー息子「最低な気分」
メニュー

シュワルツェネッガー息子「最低な気分」

2011年5月18日 14:02

アーノルド・シュワルツェネッガー(左)と 息子のパトリック

アーノルド・シュワルツェネッガー(左)と
息子のパトリック
写真:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アーノルド・シュワルツェネッガーに隠し子がいることが発覚した5月17日、17歳の息子パトリックがTwitterに本音を打ち明けた。

25年間連れ添ったシュワルツェネッガーとマリア・シュライバーは、9日に離婚を発表。その後、シュワルツェネッガーと家政婦の間に、10年以上前に子どもが生まれていたことが分かった。米ロサンゼルス・タイムズ紙によれば、その家政婦は20年間、シュワルツェネッガー家で働いてきた女性で、今年1月に辞めている。

パトリックは、Twitterに「最低な気分になる日もあれば、すべてを投げ捨て、少しの間だけでもただ普通に生きたいと思う日もある。それでも僕は家族を、死が僕らを分かつまで愛している」とハッシュタグ#familyを添えて、辛い胸のうちを書き込んだ。

シュライバーは、今年初めにシュワルツェネッガーから隠し子について告白され、別居に踏み切ったという。シュワルツェネッガーとシュライバーの間には、パトリックのほか、21歳のキャサリン、19歳のクリスティーナ、13歳のクリストファーの4人の子どもがいる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi