「スラムドッグ」ダニー・ボイル監督が舞台演出 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月22日 > 「スラムドッグ」ダニー・ボイル監督が舞台演出
メニュー

「スラムドッグ」ダニー・ボイル監督が舞台演出

2010年1月22日 17:10

国立劇場で 「フランケンシュタイン」を演出「スラムドッグ$ミリオネア」

国立劇場で
「フランケンシュタイン」を演出
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スラムドッグ$ミリオネア」で昨年のアカデミー作品賞と監督賞を含む8部門を制覇したダニー・ボイル監督が、15年ぶりに舞台の演出を手がけることになった。

英ナショナル・シアターのニコラス・ハイトナー芸術監督が同劇場の今後のラインナップとして発表したもので、ボイル監督はメアリー・シェリーの古典的名作「フランケンシュタイン」をもとにした戯曲の演出を手がける。戯曲はニック・ディアによるものだが、ハイトナーいわく「中心にあるのはダニー自身のアイデア」だそうで、ボイル監督は10年も前からこの企画をあたためていたのだという。キャスティングはこれから行われる。

ボイル監督は、TVや映画の世界に身を転じる以前、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーほかロンドンの演劇界で活躍していた。15年ぶりの凱旋公演と言ってもいい今回の「フランケンシュタイン」は、ボイル監督にとってのナショナル・シアター・デビューとなる。2010~11年ウィンターシーズンの上演を予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi