D-BOYSが、鼻水&よだれ&汗で青春満喫。「シャカリキ!」初日

2008年9月8日 12:00

シャカリキな面々にエール!
シャカリキな面々にエール!

[映画.com ニュース] 自転車ロードレースに青春を賭ける高校生たちを描き、累計350万部のベストセラーとなった曽田正人の同名人気コミックを実写映画化した「シャカリキ!」の初日舞台挨拶が9月6日、東京・新宿の新宿ミラノ2にて行われ、大野伸介監督、D-BOYSの遠藤雄弥中村優一鈴木裕樹、ヒロイン役の南沢奈央らが登場した。

立ち見席もほぼ完売という超満員スシ詰め状態という会場の熱気に乗せられ、まずは大野監督が口火を切った。「キャストには本気で走ってくれと言い、朝から晩まで70キロを超えるスピードのロードレーサー(自転車)でもがき苦しんでもらいました。スクリーンにその“熱”が出ていると思います」

「『シャカリキ!』の日がやってきました」と大絶叫したテル役の遠藤は、「情熱ってがむしゃらだけど美しい。鼻水、よだれ、汗は(青春の)必須アイテム(笑)。みんなでシャカリキに頑張ったので楽しんでほしい。ぜひパート2も作りたい」と吼えれば、マドンナ役の南沢も、「みんなが一つのことに打ち込む姿は、鼻水、よだれ、汗が出ていてもすごく格好良かった。みんな一丸になれて、仲間に入れた」と作品の魅力を熱くアピールした。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース