鈍獣(ネタバレなし)のレビュー・感想・評価

メニュー

鈍獣

劇場公開日 2009年5月16日
10件を表示 映画レビューを書く

おもしろいけど消化不良。こういうことだったんじゃないのか・・という...

おもしろいけど消化不良。こういうことだったんじゃないのか・・というとこまで到達していないで終わる。このモヤモヤする感じ。たとえばテルマエロマエだと何故タイムスリップするのかとかはわからなくとも楽しめる、みるところがそこじゃないから。
この作品はそれなりの理由付けがないと結局なんだったのかということになってしまう。

yonda?
yonda?さん / 2018年4月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

答えはあなたの胸の中に

本当に「鈍感」だったらベストセラー小説は書けないでしょう。

そしてベストセラー小説をもしかあなたが書いてしまったとき、この映画を思い出してほしいのです。

傷を自分の中に入れず、いろいろ言われてもすぐ忘れ「鈍獣」になりましょう。

凸やん、がんばれ!

ねこやん
ねこやんさん / 2017年8月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

久々にB級映画見た。 すべての人が鈍感。 痛みに鈍感。 記憶に鈍感...

久々にB級映画見た。

すべての人が鈍感。
痛みに鈍感。
記憶に鈍感。
判断に鈍感。
流行に鈍感。

時間の流れが東京とは違うんだなーと思った。

キッスィ
キッスィさん / 2017年6月29日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おもろい

舞台向けのシナリオに感じたけど面白かった。キャストもばっちりで、真木よう子も南野陽子も凄いかわいいし、他の面々も良い味出してる。面白いんだけど、面白いだけなんで点数は控えめ。でも面白い。

佐ぶ
佐ぶさん / 2015年1月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 単純 萌える
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱり おしまい? かな

ナンセンスギャグの連続技

クドカンは結構好きですが、その中では、いまひとつでした。

ちょっとだらだらとし過ぎていたので、そこが原因かもしれない。

好き嫌いがあるんじゃないかと思います。

ほとんどを部屋の中のシーンで済ませていてお金かかってませんね。

赤いおじさん
赤いおじさんさん / 2010年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

はまっちゃうよぉ~~

クドカンワールド全開の映画です。
あまり邦画は見ないのですが、試写会で見ました。
最初はやっぱりこんなもんか?と思っていましたが・・・
映画が進むにつれて、おぉ~面白いかも→面白いに変わりました。
おすすめの映画です。

kenchiba
kenchibaさん / 2009年5月21日 / から投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とてもリアルな御伽噺

子供の時A君は毎日毎日女の子のようなB君をいじめていた。
B君もやめればいいのに懲りずにいつもA君たちのところにやって来た。

或る日A君はいつものように泣き出したB君を置いて帰ろうとした・・・その時B君が泣きながらA君に向かってきた。
「突き飛ばされる!」とA君が身構えたその時!B君はA君に抱きついた。

A君は予想外のことに驚いてB君を振りほどいて投げ飛ばしたが、B君は何度投げ飛ばしても泣きながらA君に抱きついてくる。

だんだん怖くなってA君は逃げ出した。

A君はその時より以前も以後も何度もいろいろな人と喧嘩をし殴り合いもしたそうであるが、怯んだことはなかったそうだ。
唯一B君に抱きつかれたその時が一番怖かったという。

私の友人とその親友の始まりの話である。
その話をこの映画を観ていて思い出した。

幼馴染みの友達は恋人よりも夫婦よりも長い付き合いで、そうなると親密な分だけ当然嫌になる時も、憎しみに近い感情を持ったりすることもある。

綺麗ごとだけじゃ語れない部分もあるし、
片思いの時もある。

実際に殺そうとすることはないが、
心の中で友達を否定したり(殺したり)
関係を抹殺したり・・・

でもその度にいつの間にかゾンビのように復活して・・・
そのうち『親友』ってものになっていたりすることもある。

私にも親友がいる。

この映画は御伽噺のようで、私にはとてもリアルな友情の物語りだった。

そしてこのストーリーをこのテンポでこのキャストで
そしてこの映像で・・・
映像、テンポ、脚本、キャストどこをとっても私の好きな映画でした。

にゃらん
にゃらんさん / 2009年5月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

もう、まいっちゃよ〜。おしまい!?

クドカンワールドがあまり理解できない僕なのだが、CAST陣に惹かれての鑑賞。

物凄い設定の作品。
ハイテンポのいつものクドカン節炸裂で、中々シュールな笑いに誘われ。
話はあってないようなものなのだが、なぜか引き込まれるその世界観。
そして最後はなぜか切ない…。
同じ系統の「少年メリケンサック」より好き。笑

特に意味のある映画ではないが、しかしなぜか観てしまうし、面白い。
浅野忠信の近年まれに見るハジケキャラっぷりも見物である。
「んも〜う、まいっちゃうよ〜」
「おしまい?」
など決め台詞で攻めて来る感じが巧い。

エンディングのゆずグレンは、キーが高くて映画館のスピーカーで聴くと高音が耳に刺さり耳障りだった…(笑)

TOKUSHI
TOKUSHIさん / 2009年5月20日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キャストのバランスが良い!

劇場で舞台版を見た時よりもずいぶん若返ったキャストでの映画化で、宮藤さんはどんな思いなのかなと疑問に思っていましたが、映画版のラストでここまで感動させてくれるとは予想外でした。若返ったキャストにした分、3人の不思議なつながりが理解しやすくなっていた気がしました。北村一輝さんのエダッチの壊れ具合が最高に笑えました。

SAKURA
SAKURAさん / 2009年5月17日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なぜ?

期間限定ユニット、ゆずグレン。何故、彼らがこの奇想天外な映画の主題歌を担当したんだろう?
曲のテーマと映画は合ってるし、いいんだけど、ちょっと不思議。
何も考えずに、クドカンワールドを堪能したもの勝ちってな感じの映画です。

ぷらねっと
ぷらねっとさん / 2009年5月7日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

10件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報