スター・ウォーズ アソーカ

スター・ウォーズ アソーカ

シリーズ紹介

「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクターで、アナキン・スカイウォーカーのかつてのパダワン(弟子)でもあったアソーカ・タノを主役に描く実写ドラマシリーズ。

「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」で「スター・ウォーズ」シリーズに初登場したアソーカは、かつてアナキンの唯一のパダワンであるジェダイだったが、正義の守護者であるはずの組織ジェダイ・オーダーへの信頼を失ったことをきっかけに、ジェダイの道を捨て、アナキンとも決別。その後、ダース・ベイダーとなったアナキンと再会し、死闘を繰り広げたという過去を持つキャラクター。その知られざる戦いと成長の物語が明らかになる。

ジャンル:アクションアドベンチャードラマ

原題:Ahsoka
製作国:アメリカ

シリーズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

ドラマレビュー

2.0ディズニーって、なんで主人公毎度微妙にするのかな。

2023年9月7日
スマートフォンから投稿

剣のシーン、動きがあまりにも、もっさり、重心も後ろより、とてもアソーカが強そうなジェダイには見えない、、もうちょっと練習させたらよかったのにね。あとイメージとしてはごっつ過ぎるかな。他はいいのにね、勿体無い。あとフォースフォース言うくせに、精神とそれによって滲み出る体の動きとか、全く連動感ゼロ、やはりそこは、欧米的認識の甘さ満載、なので主人公に感情移入は全く出来ない。ジェダイに筋肉や強そうな動きはいらない、常に変に強そうに見せようと肩張ってる感じも余計に微妙。制作陣何もわかっとらんな?って感じです。がっかり感。

カオスランド

若き日のダース・ベイダー再び

HILOさん
2023年10月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ダース・ベイダー:アナキン・スカイウォーカー:ヘイデン・クリステンセン:浪川大輔の再起用に尽きる(『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002年)以来の出演)。スターウォーズを代表するイケメンと言っても過言ではなく衣装の黒装束もスタイリッシュでイケてる。作品の世界観として出番が少ないのが残念なのか仕方ないのか。回想シーン等でいくらでも出番は増やせるはず。ちなみに映画版はパダワンとしての登場だが今作ではアソーカのマスターとしての登場なのでかなりのドヤ顔で説教臭い(苦笑)。

HILO
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る