赤い袖先

赤い袖先

シリーズ紹介

韓国のベストセラー小説をドラマ化。本作が兵役除隊後の復帰作となった男性アイドルグループ「2PM」のジュノとイ・セヨンが主演を務め、第22代国王イ・サンと女官の切ない愛を描く。

粛清により没落した一族の娘ソン・ドクイムは、幼い頃から宮女として仕えていた。一方、朝鮮王朝21代国王・英祖(ヨンジョ)の孫、イ・サンは悲劇的な事件で父親を失い、宮中で孤独に育つ。ある晩、王から禁じられていた本を読んだことで窮地に陥ったサンは、ドクイムの機転で救われる。サンは彼女にほのかな恋心を抱くも、再会は叶わず月日が流れていく。数年後、聡明な女性に成長したドクイムは、 “自身の人生”について模索していた。そんなある日、サンとドクイムは運命的に再会。次第に距離を縮めていくふたりだったが、宮中では勢力争いが激しさを増し、サンは命を狙われることになる。

ジャンル:恋愛時代劇韓流・韓国

原題:옷소매 붉은 끝동
製作国:韓国

シリーズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

ドラマレビュー

3.5百想芸術大賞で注目を集めた、実話に基づく物語。

mijuさん
2023年7月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

36話編成のもので、7話目以降から少しずつ面白くなってきました。
(子役時代は言うまでもなく良し。時代劇って、子役時代、間違いなく面白くないですか?)
中盤の秘密結社はぶっ飛んでたな。

宮女の苦悩を描いていたのですが…
ドギムはなんでそんなに難しく悩んで、自ら幸せを感じないようにしてしまうの…?
強がらないと、天邪鬼にでもならないと、自分らしく生きられない。宮女になった人生にせめてもの反抗って言うけど…本当に好きな人と結ばれるのって幸せじゃない?
他の宮女たちからしたらどれだけ恵まれてるか…。
現状の中で幸せを探して、感じて、意固地にならずにもっと素直に生きてほしかったな。
そして一途なサンに、もう少し優しい言葉をかけてあげてくれ。笑

脚本も、宮女と王の恋愛がメインだから他はあえて書きたくなかったのかもだけど、さすがにサンの王妃については書いた方がよかったのでは…はしょりすぎてて、???の部分が一瞬だけありました。韓国の歴史に詳しい人はなにも疑問抱かなかったかもだけど。
(サンは10歳頃に正室を迎えていて、他の側室もいた)

後半は暗い、重い、つらい…って思ってたけど、最終話が秀逸すぎて、なんだかんだよかったです。

ジュノの炸裂色気、最終話のために見る価値あります。
ヒロインがちょっともどかしいという覚悟の上で、みてください。
カン・フンは、「コッソンビ」の役柄の方が好きだったなぁ

miju
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る