第89回アカデミー賞(2017年) 全部門ノミネート・その他の賞

ホーム > 第89回アカデミー賞特集(2017年) > 全部門ノミネート・その他の賞

映画.com 第89回アカデミー賞特集 映画.com 第89回アカデミー賞特集

2017年2月26日(現地時間)にカリフォルニア州はハリウッドのドルビー・シアターで開催される、第89回アカデミー賞授賞式。最新情報をお知らせ!

newsアイコンNominate- 全部門ノミネート作品 -

助演男優賞

winnerアイコンマハーシャラ・アリ

1974年、米カリフォルニア州オークランド生まれ。本名はマハーシャラルハズバズ・アリ。ニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・アーツで修士号を修得し、2000年代初頭からTVシリーズに多数出演。SFミステリー「4400 未知からの生還者」(04~07)やデビッド・フィンチャー監督の「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(08)などを経て、政治ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」(13~16)で演じたロビイストのレミー・ダントン役で注目が高まり、16年にはエミー賞ゲスト俳優賞にノミネートされた。黒人少年の成長を描いた映画「ムーンライト」(16)のドラッグディーラー役で、アカデミー賞やゴールデングローブ賞で助演男優賞にノミネートされるなど高い評価を得る。その他の出演作にNetflixオリジナルドラマ「ルーク・ケイジ」(16)や映画「Hidden Figures」(16)など。

winnerアイコンジェフ・ブリッジス

父は俳優のロイド・ブリッジス、母は女優のドロシー・ディーン・ブリッジス、兄も俳優という芸能一家の生まれ。子どもの頃から両親の出演作などに顔を出し、1970年に本格的な映画デビューを果たす。71年、「ラスト・ショー」でアカデミー助演男優賞に初ノミネートされ、クリント・イーストウッド主演の「サンダーボルト」(74)では相棒のライトフット役で再び同賞の候補に。その後も「キング・コング」(76)や「トロン」(82)といった当時のSFX大作から、ファンタジーコメディ「フィッシャー・キング」(91)、コーエン兄弟の「ビッグ・リボウスキ」(98)など幅広いジャンルで活躍する。主演作「クレイジー・ハート」(09)で5回目のノミネートにして初めてオスカーを獲得。コーエン兄弟の西部劇「トゥルー・グリッド」(10・主演)と、モダンウエスタン「最後の追跡」(16・助演)でもアカデミー賞ノミネートを果たした。その他の代表作に「スターマン 愛・宇宙はるか」(84)、「アイアンマン」(08)などがある。

winnerアイコンルーカス・ヘッジズ

米ニューヨーク・ブルックリン出身。父は映画監督で脚本家ピーター・ヘッジズ。10歳のときに父の脚本・監督作「40オトコの恋愛事情」(07・日本劇場未公開)にエキストラ出演。ウェス・アンダーソン監督の「ムーンライズ・キングダム」(12)で本格的な俳優デビューを飾り、ジェイソン・ライトマン監督の「とらわれて夏」やテリー・ギリアム監督の「ゼロの未来」(ともに13)、アンダーソン監督の「グランド・ブダペスト・ホテル」(14)などに出演する。ケネス・ロナーガン監督の「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(16)でケイシー・アフレック演じる主人公の甥パトリックを演じて脚光を浴び、アカデミー助演男優賞にノミネート。在学中のノースカロライナ大学芸術学部を16年から休学し、マーティン・マクドナー監督の「Three Billboards Outside Ebbing, Missouri(原題)」とグレタ・ガーウィグ監督・主演コメディ「Lady Bird(原題)」(ともに17年全米公開)に出演したほか、17年1月にはオフブロードウェイ劇「Yen(原題)」で初舞台を踏む。

winnerアイコンデブ・パテル

インド系の両親のもと、英ロンドンに生まれる。2007年、TVシリーズ「Skins(原題)」で俳優デビューし、ダニー・ボイル監督のオスカー受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」(08)で、映画初出演にして主演を務める。共演者のフリーダ・ピントとは11~14年にかけて交際していた。以降、ジョン・マッデン監督の「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」シリーズ(11、15)や、ニール・ブロムカンプ監督の「チャッピー」(15)に出演し、TVシリーズ「ニュースルーム」(12~14)では主人公のブログ担当ニールを演じた。ヒューマンドラマ「LION ライオン 25年目のただいま」(16)では、アカデミー助演男優賞に初ノミネートされた。

winnerアイコンマイケル・シャノン

米ケンタッキー州レキシントンで生まれ育つ。シカゴで舞台役者としてキャリアをスタートさせ、劇団「ステッペン・ウルフ」などに所属する。1993年、「恋はデジャ・ブ」(93)でスクリーンデビューし、「バニラ・スカイ」(01)や「8 Mile」(02)、「バッドボーイズ2バッド」(03)などの話題作に出演する。「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」(08)でアカデミー助演男優賞に初ノミネートされた。ジェフ・ニコルズ監督作には欠かせない存在で、中でも「テイク・シェルター」(11)では異常気象に襲われる悪夢にとりつかれた主人公を怪演。DC×ワーナーの「マン・オブ・スティール」で悪役ゾッド将軍役に起用され、続編「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」にも出演。トム・フォード監督作「ノクターナル・アニマルズ(原題)」(16)で2度目のアカデミー助演男優賞候補になる。

助演女優賞

winnerアイコンビオラ・デイビス

米サウスカロライナ州生まれ、ロードアイランド州育ちのアフリカ系アメリカ人。子どもの頃から女優に憧れ、ロードアイランド大学とニューヨークのジュリアード学院で演技を学ぶ。演劇界でキャリアを積み上げ、「King Hedley II」(01)と「Fences」(10)でトニー賞の女優賞を受賞した。映画では、1996年「大いなる相続」(日本劇場未公開)以降、スティーブン・ソダーバーグ監督の「トラフィック」(00)や、デンゼル・ワシントンの監督デビュー作「きみの帰る場所 アントワン・フィッシャー」(02)に出演。「ダウト あるカトリック学校で」(08)でアカデミー助演女優賞、「ヘルプ 心がつなぐストーリー」(11)で同主演女優賞にノミネート。舞台「Fences」の共演者デンゼル・ワシントンが監督した同名映画にも出演し、2度目のアカデミー助演女優賞候補となった。TVシリーズへの出演も多く、リーガルサスペンス「殺人を無罪にする方法」(14~)では主人公の敏腕弁護士アナリーズを演じている。

winnerアイコンナオミ・ハリス

英ロンドン出身。11歳から子役として活動する。ケンブリッジ大学卒業後、ブリストル・オールド・ビック演劇学校でトレーニングを積む。02年にスクリーンデビューを果たし、ダニー・ボイル監督のゾンビ映画「28日後...」(02)などに出演。ブレット・ラトナー監督の「ダイヤモンド・イン・パラダイス」(04)でアメリカに進出し、マイケル・マン監督作「マイアミ・バイス」(06)にも参加する。大ヒットシリーズ「パイレーツ・オブ・カリビアン」の第2弾「デッドマンズ・チェスト」(06)と第3弾「ワールド・エンド」(07)では、物語の鍵を握るティア・ダルマ役、「007」シリーズ第23弾「スカイフォール」(12)と第24弾「スペクター」(15)ではマネーペニー役を演じた。ヒューマンドラマ「ムーンライト」(16)でアカデミー助演女優賞にノミネートされた。

winnerアイコンニコール・キッドマン

オーストラリア人の両親のもと、シドニーで育ち、幼い頃からバレエや演技に興味をもつ。舞台に立つようになり高校を退学して女優業に専念。1983年に映画デビューし、「デッド・カーム 戦慄の航海」(89)がアメリカでヒットしたのを機に「デイズ・オブ・サンダー」(90)でハリウッドデビュー。同作で共演したトム・クルーズと結婚し、スタンリー・キューブリック監督の遺作「アイズ・ワイド・シャット」(99)での夫婦共演も話題を呼んだが、01年に離婚した。その後、ミュージカル映画「ムーラン・ルージュ」(01)でアカデミー主演女優賞に初ノミネートされ、翌年の「めぐりあう時間たち」(02)で同賞に輝く。以降、ハリウッドを代表する女優として「コールド マウンテン」(03)や「オーストラリア」(08)などに主演し、「ラビット・ホール」(10・主演)と「LION ライオン 25年目のただいま」(16・助演)でもアカデミー賞にノミネートされた。プライベートでは、06年に歌手のキース・アーバンと再婚した。

winnerアイコンオクタビア・スペンサー

米アラバマ州モンゴメリー出身のアフリカ系アメリカ人。大学卒業後、プロデューサー志望で映画業界に入ったものの、数本の作品にエキストラ出演した後、「評決のとき」(96)で女優として活動を始めることになる。その後も映画出演を続けながら、演技のレッスンを受け、近年は「路上のソリスト」(09)、「7つの贈り物」(08)といったドラマ作品に出演する。「評決のとき」のセットで知り合って以来親交があるテイト・テイラーが監督した「ヘルプ 心がつなぐストーリー」(11)で、アカデミー助演女優賞を初ノミネートにして受賞。NASAの女性職員の知られざる活躍を描いた「Hidden Figures」(16)で再び同賞の候補となった。

winnerアイコンミシェル・ウィリアムズ

1994年に映画デビューし、翌95年「スピーシーズ 種の起源」に出演、TVドラマ「ドーソンズ・クリーク」(98~03)で注目されるようになる。アン・リー監督の「ブロークバック・マウンテン」(05)でアカデミー助演女優賞にノミネートされ、一躍有名になる。その後は「脳内ニューヨーク」(08)や「シャッター アイランド」(10)などに出演し、演技派として着実にキャリアを積み上げる。「ブルーバレンタイン」(10)と、マリリン・モンローを演じた「マリリン 7日間の恋」(11)でアカデミー主演女優賞、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(16)で同助演女優賞にノミネートされた。13年には名作ミュージカル「キャバレー」でブロードウェイデビューも果たした。プライベートでは、「ブロークバック・マウンテン」の夫婦役で共演したヒース・レジャーと交際し、05年に娘が誕生したが、レジャーが急逝する4カ月前の07年9月に破局していた。

Photo:Getty Images/ロイター/アフロ