「デビルマン」衝撃のラストを初アニメ化――湯浅政明監督が紡いだ原作のスピリット : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月5日 > 「デビルマン」衝撃のラストを初アニメ化――湯浅政明監督が紡いだ原作のスピリット
メニュー

「デビルマン」衝撃のラストを初アニメ化――湯浅政明監督が紡いだ原作のスピリット

2018年1月5日 10:00

デビルマン」再アニメ化に挑んだ湯浅政明監督「デビルマン」

デビルマン」再アニメ化に挑んだ湯浅政明監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 名作漫画の映像化作品を特集するインタビュー企画。取り上げるのは、永井豪氏の傑作「デビルマン」を湯浅政明監督が再アニメ化した「DEVILMAN crybaby」。2018年1月5日のNetflixでの全世界独占配信を前に、ファンの注目を集めているのは、多くの読者が度肝を抜かれた“衝撃のラスト”が初めてアニメ化されるという点だ。日本アニメ界をけん引する存在として期待される湯浅監督は、原作漫画に宿るスピリットをしっかりと受け継ぎながらも、「現代版デビルマン」としてみごとに昇華してみせた。永井氏も認めた、奇才監督の手腕に迫る。(取材・文・写真/編集部)

デビルマン」は、1972年から「週刊少年マガジン」(講談社刊)で連載され、単行本の全世界累計発行部数が5000万部を超える大ヒット作。デーモンと合体した青年・不動明と、親友・飛鳥了に待ち受ける運命、2人がたどり着く「人知を越えた一大決戦」を描く。

 幼少期にテレビアニメ版に出合い、高校時代に初めて原作漫画を読んだという湯浅監督。「噂は聞いていたけれど、思った以上にショッキングな内容でした。ハッピーエンドで終わらない、善が勝つとは限らないという内容も衝撃が大きかった。一番ショッキングだったのは、ヒロインの結末でした」と明かし、「僕らの世代にとって、大きい作品だと思います」と噛み締める。

記憶に残る作品ではあったが、アニメ化のオファーを受けた際の心境は「『えー! そこか!』と思いました(笑)。金字塔のような作品なので、自分が作る題材としては眼中になかった。スター・ウォーズとかスーパーマン、そんなイメージなので(笑)」。同時に、「やるのは難しいだろうなと思いました。自分が初めて読んだ時に受けた感覚を表現できるだろうか」と迷いが生じたが、信頼するスタッフの後押しを受け「やりたいと答えました」


画像2

[拡大画像]

原作ラストまで描くことは、最初から決めていたという。「デビルマンのミソはそこにあると思っているので、それを描かないと今回デビルマンをやる意味がないと感じました」。アニメ化する際に大切にしていることは「見た時、読んだ時に、自分が感じたことを映像化すること」、すなわち本作においては「高校生の頃に読んだ感じ、受けた衝撃を、“今”に持ってくること」。そのために、「原作のスピリット、エッセンスを“今やるアニメーション”の形に落とし込む作業」に注力した。

「漫画とアニメーションという媒体の違いで、全く同じにはできない部分があるので、そこはアニメに合う形に直さないといけませんでした。漫画デビルマンは、奇跡的な構成なんです。漫画だからできる構成。それをそのままやると、アニメーションにはならないので、新たな要素を加えて、元の要素とつなげていきました」。重要視したのは、「やっぱり美樹ちゃんのシーンとラストシーン。シレーヌなど大きなキャラクターの配置、自分が気に入っているショットを『(重要視するシーンと)どうつなげていこうか』と考えました」

原作の手触りを再現する一端を担っているのが、バイオレンス&セクシャルな描写の数々。規制の少ないNetflix作品であることは作り手にとって「ありがたかった」と言い、「アニメーションは観客が受け身で見るので、具体的に絵にしないと観客がついていけない。なにより、美樹ちゃんの結末を描くならば、他もあのくらいは描いておかないといけないと感じました」と説明する。

キャラクター描写においては、2人の主人公・明と了のバランスを「原作は、結果的に了が主人公のような感じで結末を迎えているので、了を最終的な主人公として描こうという意識はありました。もちろん明が主人公ですから、バランスよくとは考えましたが」と話す。親友同士だった明と了。明はデビルマンとなり、了もまた“真の姿”に目覚め、2人は敵対していく。だが物語がクライマックスに近づくにつれ、了にとって明は“唯一無二”であることが明らかになる。

「明が明であるがゆえに、了は明を好きになる。でも了は自分の気持ちに気づかない、という設定にしました。了は人間やデビルマンと比べものにならないくらい力の大きな存在ですが、愛情を求めているような部分がある。それを博愛主義の明だけがくれる。了が最後に自分の気持ちに気づくというラストシーン、今作はそれを軸にしながら、明と了の関係を描いています」

今回の再アニメ化にあたり、永井氏から要望はなく「お任せしてくれたんですよね。『好きに変えていいよ、任した』みたいな(笑)」と振り返る。今作に対する永井氏の反応は、「多少変えているところはあるにしても、きちんと原作のスピリットや意図を組んで作っていると言っていただきました」。「お任せなのに通じ合っていたんですね」と問うと、湯浅監督は「よかった!」と、この日一番の笑顔を浮かべた。

(映画.com速報)
デビルマン Blu-ray COLLECTION[Blu-ray/ブルーレイ] デビルマン Blu-ray COLLECTION[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥38,394 鬼才・永井豪とダイナミック・プロ原作による同名コミックのテレビアニメ化作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi