北乃きい、亡き祖母を思い号泣 本格時代劇初挑戦に「おばあちゃんも嬉しかったと思う」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月29日 > 北乃きい、亡き祖母を思い号泣 本格時代劇初挑戦に「おばあちゃんも嬉しかったと思う」
メニュー

北乃きい、亡き祖母を思い号泣 本格時代劇初挑戦に「おばあちゃんも嬉しかったと思う」

2017年11月29日 16:30

号泣した北乃きい「小ぬか雨」

号泣した北乃きい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 時代劇専門チャンネルが藤沢周平の小説を映像化する「藤沢周平 新ドラマシリーズ」の第2弾作品「橋ものがたり」の4K上映会が11月29日、東京・新宿ピカデリーで行われ、同作内の一編「小ぬか雨」に出演した北乃きい永山絢斗が舞台挨拶に出席した。

没後20年、生誕90年を迎えた藤沢による短編集「橋ものがたり」から、3作「小さな橋で」「吹く風は秋」「小ぬか雨」を映像化。9~10月にBSスカパー!などで放送されたが、11月からは午前10時開映の「グッドモーニング時代劇」として、全国の劇場で特別上映されている。

小ぬか雨」は履物屋でひとりで暮らすおすみ(北乃)と、突然逃げ込んできた訳ありの新七(永山)の関係をしっとりと描く恋物語。本格時代劇初挑戦となった北乃は、充実感いっぱいに「ここから時代劇のお芝居を、もっともっと演じていけたらいいなと思っております」と意欲を明かす。そして「祖父母の家で育って、おばあちゃんに育てられ、ここまで大きくなりました」と切り出すと、亡き祖母に思いを馳せ、大粒の涙を流した。「きっと天国にいるおばあちゃんも、今回の時代劇はすごく嬉しかったんじゃないかと思います」と懸命に顔を拭い、パッと晴れやかな笑みを客席に向けていた。

一方で北乃は着物や所作、目の芝居などに苦労したそうで、「その時出せるものを精いっぱい出しましたが、自分では気になるところがたくさんありまして。目の動きだけでいろんなものが伝わりますし、そう演じたつもりなんですが、見た後は後悔みたいなものがありました」「祖父母の家で時代劇を見ることが多くて、そういうすごい作品と比べてしまったんでしょうね。自分はまだ、そんなレベルにないのに」と苦笑。2度目の時代劇参加となった永山は「僕にもありますよ、そんなもんですよね。でも、素敵でしたよ」と優しくフォローを入れ、自身が雨に打たれながら格闘するシーンに言及し「時代劇がありながらも、揉みくちゃになる、その複雑さにやられた感じがありましたね」と振り返っていた。

なお「小ぬか雨」は、12月13日からテアトル新宿で上映。3作品の上映スケジュールの詳細は、公式サイト(https://www.jidaigeki.com/goodmorning/)に掲載されている。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi