松雪泰子、藤野涼子と取っ組み合いのケンカ「感情がぶつかり合うようにやりたかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月5日 > 松雪泰子、藤野涼子と取っ組み合いのケンカ「感情がぶつかり合うようにやりたかった」
メニュー

松雪泰子、藤野涼子と取っ組み合いのケンカ「感情がぶつかり合うようにやりたかった」

2017年9月5日 18:40

舞台挨拶に立った松雪泰子、 江口洋介、藤野涼子ほか

舞台挨拶に立った松雪泰子、
江口洋介、藤野涼子ほか
[拡大画像]

[映画.com ニュース] BS放送・時代劇専門チャンネルが制作するオリジナル時代劇の最新作「小さな橋で」の完成披露試写会が9月5日、東京・丸の内ピカデリー1で行われ、松雪泰子江口洋介藤野涼子田中奏生杉田成道監督が舞台挨拶に立った。

没後20年、生誕90年を迎える藤沢周平の短編集「橋ものがたり」から3作をドラマ化する「藤沢周平 新ドラマシリーズ第二弾」の1作目。主演の松雪は、「藤沢さんの作品は時代劇でありながら、現代にも通じる人間を描いたドラマ。精いっぱい臨んだものなので、楽しんでいただけたらうれしい」と笑顔で話した。

撮影前には約1カ月の念入りなリハーサルを行い、「演劇の稽古のように、何度も返してやったことで迷いなくできた。とにかく監督についていくのみでした」と述懐。主に回想シーンでの出演となった江口も、「最初はきついが、一本筋が通ることでのびのびとできた」と満足げに振り返った。

松雪とつかみ合いのケンカをするシーンがある娘役の藤野涼子は、「難しいなと思っていたけれど、リハーサルで何度も全力でやっていただいたので、本番ではさらに気持ちが高まって怒りをぶつけることができた」と感謝。松雪も、「あの瞬間は、母娘というより女同士でしたね。何かが外れてコントロールできなくなって、感情がぶつかり合うようにやりたかったので」と意図を明かした。

オーディションで松雪の息子役に抜てきされ、ナレーションも担当した田中奏生は「苦労して、どう指導されたかも覚えていないくらい大変だった。初めは緊張したけれど、やっているうちに慣れてきた」とういういしい感想。走るシーンでは下駄が割れるほどの熱演を見せ、「自分ではよく頑張れたなと思います」と話し、大きな拍手を浴びていた。

「小さな橋で」は、9月18日午後6時からBSスカパー!で放送。続く「吹く風は秋」が10月21日、「小ぬか雨」が10月22日にそれぞれ午後6時からの放送が決まり、3作が順次、劇場公開されることも発表された。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi