フェミニズム活動家グロリア・スタイネムの伝記映画がもう1作 キャリー・マリガンが主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月19日 > フェミニズム活動家グロリア・スタイネムの伝記映画がもう1作 キャリー・マリガンが主演
メニュー

フェミニズム活動家グロリア・スタイネムの伝記映画がもう1作 キャリー・マリガンが主演

2017年11月19日 10:00

キャリー・マリガン「マッドバウンド 哀しき友情」

キャリー・マリガン
写真:Jordan Strauss/Invision/AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優キャリー・マリガンが、新作「An Uncivil War(原題)」で、米女性活動家でジャーナリストのグロリア・スタイネムを演じると、米バラエティが報じた。

先日、ジュリー・テイモア監督、ジュリアン・ムーア主演でスタイネムの伝記映画「My Life on the Road(原題)」を製作するニュースが伝えられたばかりで、スタイネムを描く2本の新作が同時進行していることになる。ムーア主演作はまだ脚本が完成していないが、マリガン主演作はすでに出来上がった脚本にゴーサインが出ているようだ。

マリガン主演「An Uncivil War」は、「BESSIE/ブルースの女王」(クイーン・ラティファ主演)の監督で、新作「マッドバウンド 哀しき友情」でマリガンと組んでいるディー・リースが監督。スタイネムと、弁護士で人権活動家のフローリンス・ケネディ、その仲間たちが、フィリス・シュラフリー率いる保守派団体の反対に屈することなく、男女平等憲法修正案(ERA)の承認に向け情熱を注ぐ姿を描く。ERAは1972年に議会を通過したが、規定数38州のうち35州の批准しか得られず不成立となった。「An Uncivil War」はフィルムネイション・エンターテイメントが製作し、2018年3月にクランクインする。

リース監督、マリガン主演の「マッドバウンド 哀しき友情」は、第2次世界大戦後の米ミシシッピ州を舞台に、家族の暮らす農園に戻った帰還兵が直面する差別や葛藤を描くドラマで、ギャレット・ヘドランドメアリー・J・ブライジが共演。ゴッサム賞でアンサンブル賞を受賞しており、今後の賞レースでの健闘が期待されている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi