戸次重幸「エキストランド」撮影中に妻が破水「とんでもないイベントだった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月11日 > 戸次重幸「エキストランド」撮影中に妻が破水「とんでもないイベントだった」
メニュー

戸次重幸「エキストランド」撮影中に妻が破水「とんでもないイベントだった」

2017年11月11日 22:20

吉沢悠と戸次重幸「エキストランド」

吉沢悠と戸次重幸
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「神奈川芸術大学映像学科研究室」「東京ウィンドオーケストラ」で注目を集めた新鋭・坂下雄一郎監督の新作「エキストランド」が11月11日、東京・渋谷ユーロスペースで封切られ、坂下監督をはじめ主演の吉沢悠、共演の戸次重幸前野朋哉金田哲(はんにゃ)が舞台挨拶に出席した。

大失敗から映画を撮れなくなったプロデューサー・駒田(吉沢)が、映画で地元を盛り上げたいえのき市の人々を騙し、自分のためだけに製作を画策。横暴な要求に言われるがままの市民たちだが、一矢報いようと前代未聞の計画を企てる。戸次は開口一番「謝りたい。キャストの衣装の統一感のなさ!」と叫び、映画Tシャツを着た前野&金田に対し「100歩譲って金田くんはいいわ。あんた(前野)作品で着てなかったでしょ! ずっとワイシャツだったでしょ」とまくし立てて場内を沸かせた。

さらに印象深いシーンを問われ、冴えない映画監督役の戸次は「田んぼで、エキストラさんが2人しか残らなかったシーン。あの引きの画がたまらなく好きで、直後の僕のセリフを笑わなく言うのに必死だった」と回答。撮影は約1年前に行われており、吉沢が「あの日、子どもが生まれるかどうかの瀬戸際でしたよね」と水を向けると、戸次は「長野で撮影していて、妻(市川由衣)から『破水した』と連絡が来た。その日中に帰らないと、となったんですが……」と言葉を濁した。

これを受け、同シーンで対面していた前野は「あんなに緊張して芝居したことなかったです」と苦笑し、「ナイトシーンで、終電が8時台。NGをあまり出せない状況で、現場で誰よりも戸次さんが『巻いていこう!!』って(笑)」と暴露。祝福の拍手を浴びていた戸次は、「前野くんには申し訳なかった。人生のなかでもとんでもないイベントでしたから」と恐縮しきりだった。

また、出演陣は超寡黙な坂下監督とのコミュニケーションに苦労したようで、金田は「監督との距離が縮まらない」と寂しげ。吉沢は「オファーを頂いた時に『どういう役ですか』と聞いてもずっとしゃべらなかった」と笑い、戸次は「(全編)撮りきれないかもしれない、となった時、監督がものすごくテンパっていた。感情があるところが見られた」と振り返った。

一方で、坂下監督と交流が深い前野は「笑うことは本当にレア。逆に笑っているのを見ると『大丈夫? おかしくなった?』と思う」と述べ、愛されキャラであることを強調。しかし居酒屋で騒動がぼっ発するシーンでは「僕と金田くん(激怒する共演者の)Tシャツの柄がツボに入り、テイクを何度も重ね空気が悪くなった。坂下くんの顔を見られなかった」と戦々恐々だ。当の坂下監督は「テレビのNGシーンとか、テレビで見ると笑っていましたが、現場では笑えないと思った」とボソリとつぶやいたものの、最後は「この企画は3、4年前くらいから準備していました。上映までこぎつけたうえに満席になって良かった。SNSのほうで(口コミを)よろしく願いします」と真摯にアピールしていた。

(映画.com速報)
東京ウィンドオーケストラ[DVD] 東京ウィンドオーケストラ[DVD] 最安価格: ¥3,051 大学の修了作品として製作した「神奈川芸術大学映像学科研究室」が注目を集めた新鋭・坂下雄一郎監督の商業デビュー作で、東京の有名オーケストラと間違えられて屋久島に招待されたアマチュア吹奏楽団が、役場職員に頼まれて本物のフリをする羽目になったことから巻き起こる騒動を描くコメディドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi