宮野真守あふれる王子オーラ!早見沙織&梶裕貴&櫻井孝宏が太鼓判「垂れ流しだった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月11日 > 宮野真守あふれる王子オーラ!早見沙織&梶裕貴&櫻井孝宏が太鼓判「垂れ流しだった」
メニュー

宮野真守あふれる王子オーラ!早見沙織&梶裕貴&櫻井孝宏が太鼓判「垂れ流しだった」

2017年11月11日 22:05

全国57館で公開「劇場版 はいからさんが通る 前編 紅緒、花の17歳」

全国57館で公開
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大和和紀氏による名作少女漫画をアニメ映画化した「劇場版 はいからさんが通る 前編  紅緒、花の17歳」が11月11日、全国57館で公開された。声優キャストの早見沙織櫻井孝宏梶裕貴が東京・新宿ピカデリーでの初日舞台挨拶に立った。

1975~77年に「週刊少女フレンド」(講談社刊)に連載された人気漫画を映画化した2部作の前編。お転婆でハイカラな女の子・花村紅緒と、その許婚・伊集院忍少尉の恋模様を描く。

少尉役の宮野真守は、スケジュールの都合で欠席したため「おうかがいできず残念です」「気になる終わり方で前編は終わるので、ドキドキしながら後編を待ってていただけたら」とビデオメッセージを寄せた。これを受け梶は、「王子さま感あふれてましたね」とこぼし、早見も「宮野さんの少尉は『王子ですよ』と意識せずに王子さまなんです」と同調。「地が王子さま」(梶)、「あふれいずる王子」(早見)、「垂れ流しだったもんね」(櫻井)と、宮野の“王子ぶり”に太鼓判を押した。

「演じたキャラクターの印象」を問われた梶は、歌舞伎の女形役者の美少年・藤枝蘭丸を演じたため「見た目も仕草しぐさも可愛らしい」と特徴を説明する。「こういった役は初めてなのでは?」と指摘されると、「そうですね。蘭丸くんは基本的にずっと可愛らしいのでなかなか……」と吐露し、体をくねらせながら「もう嫌!」と劇中のセリフを実演。早見は「可愛い!」と声をあげ、櫻井も「キュンとしました今」と絶賛すると、「いちキュンいただけました?」と照れまくっていた。

本作の見どころのひとつが、紅緒が酒に酔う場面。紅緒役の早見は、「私は親と酔い方が似ている。母は泥酔すると『ごめんなさい、もうしません!』と言いながら部屋に帰って行くんですよ。私もすごく酔っぱらった時に『ごめんなさ~い』って言ってたって(笑)」と酒の失敗談を告白。一方の梶が「僕は酔っぱらっていても、あまり(顔に)出ないんです」と明かすと、すかさず櫻井が「(梶は酔うと)可愛さが増すよね」と暴露していた。

(映画.com速報)
はいからさんが通る Blu-ray BOX<初回仕様版>[Blu-ray/ブルーレイ] はいからさんが通る Blu-ray BOX<初回仕様版>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥37,908 明るく元気で喧嘩早く、ちょっぴり酒乱で人情深い、17歳の花村紅緒は当節流行りのはいからさん。そんな紅緒がある日出会った陸軍少尉・伊集院忍は、なんと許嫁で…。大和和紀原作の少女漫画をアニメ化した作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi