国立美術館初・現役アニメ監督の展覧会「新海誠展」スタート!神木隆之介「言葉が出なかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月10日 > 国立美術館初・現役アニメ監督の展覧会「新海誠展」スタート!神木隆之介「言葉が出なかった」
メニュー

国立美術館初・現役アニメ監督の展覧会「新海誠展」スタート!神木隆之介「言葉が出なかった」

2017年11月10日 15:00

新海誠監督と神木隆之介「君の名は。」

新海誠監督と神木隆之介
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大ヒットアニメ映画「君の名は。」を手がけた新海誠監督の軌跡をたどる展覧会「新海誠展 『ほしのこえ』から『君の名は。』まで」の内覧会が11月10日、東京・六本木の国立新美術館で行われ、新海監督、音声ガイドを務めた俳優・神木隆之介が出席した。

国立の美術館で現役アニメーション映画監督の名前を冠した展覧会が開かれるのは初めて。新海監督は、「この先も作品を作っていくと思いますので、今回ご来場いただき、ご覧いただき、関心を持っていただけたものは、なんらかの形で僕らの制作チームに伝わっていくと思う。それを受けて、またあたらしい作品を作ることが出来ればと思います」と熱く呼びかけた。

新海監督のデビュー15周年を記念して開催される本展は、商業デビュー作の短編「ほしのこえ」(2002)から「君の名は。」(16)までの歩みを、絵コンテ、作画、美術、映像、作品世界が体感できる造形物を通じてひも解いていく。東京会場では、他会場よりも広い2000平米の展示空間に、初公開を含む約1000点の資料を展示。「キーワードで読み解く作品世界」「新海誠と時代背景」「映像制作の舞台裏」「世界に広がる新海誠作品」などポイント別に紹介する。

新海ファンを公言し、「君の名は。」では声優も務めた神木は、いち早く本展を鑑賞した印象を「言葉が出なかった」と明かし、「白いまっさらな壁に展示物があり、配置の仕方が、監督の作品のイメージのままという印象が強くて。ずっといたい空間でしたね」と感動を噛み締める。「監督の作品って、風景の絵が写真のように美しい。最初に見た時は、本当に写真なんじゃないかと思ったくらい。展示会でみて、本当にひとつひとつ、手で描いていらっしゃるんだと実感しました。何もかも素敵で、語り尽くせないですね」と興奮気味に語った。

一方、新海監督は「美術展として、フレッシュな新しい体験をさせていただきました。映像もふんだんで、ディスプレーが何十枚もあって。音もあるし、声もある。鉛筆で書かれたものもふんだんにあって」と話す。そのうえで「こういう展覧会は見たことがないなと。自分自身の展覧会かどうかは切り離したとしても、すごく興味深く、新しい体験をさせていただけた」と明かした。

また、自身の作品がさまざまなメディア等で特集されることに対しては「自分が作ったものを、よく自分の子どもに例えたりしますが、(作品を発表した後に)子どもがどうなっていくかは、実は僕はあまり興味がないんです。ハリウッド版の話もありましたが、どうなるのかが楽しみであると同時に、もう旅立ってしまったものだから、どういうものになるかは他の問題だと思うし」と述べた。

新海誠展」東京会場は、国立新美術館で11月11日~12月18日に開催。

(映画.com速報)
「君の名は。」Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 「君の名は。」Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,831 「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」など、男女の心の機微を美しい風景描写とともに繊細に描き出すアニメーション作品を手がけ、国内外から注目を集める新海誠監督が、前作「言の葉の庭」から3年ぶりに送り出したオリジナル長編アニメ。
ほしのこえ(サービスプライス版)[DVD] ほしのこえ(サービスプライス版)[DVD] 最安価格: ¥1,854 宇宙と地上に引き裂かれた少年と少女の恋を描いたフルCGアニメーション。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi