岸井ゆきの、初主演映画公開に晴れやかな笑顔「前向きになりました」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月4日 > 岸井ゆきの、初主演映画公開に晴れやかな笑顔「前向きになりました」
メニュー

岸井ゆきの、初主演映画公開に晴れやかな笑顔「前向きになりました」

2017年11月4日 17:20

キャスト、スタッフが勢ぞろい!「おじいちゃん、死んじゃったって。」

キャスト、スタッフが勢ぞろい!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の岸井ゆきのが11月4日、初主演映画「おじいちゃん、死んじゃったって。」の初日舞台挨拶を東京・テアトル新宿で行った。岸井は、この日の晴天になぞらえ「やっと公開され、すがすがしい気持ちでここに立っています」と笑顔をはじけさせた。

祖父が亡くなり、葬式のために久しぶりに集まった家族や親せきの本音がぶつかり合っていくシュールな人間ドラマ。この日も岩松了美保純岡山天音光石研ら“家族”に囲まれ、「皆に支えられて、私が真ん中に立てた。1人でやっているんじゃないという実感がすごくあって、仕事のスタンスや考え方が前向きになりました」と、自身の成長を感じている様子だ。

父親役の光石も、「何度かご一緒しているが、そのたび顔が違う。先日も某局の玄関でばったり会った時に、思わず敬語になってしまった。さすがです」と独特の表現で称賛。だが岸井は、「私は、お父さんって思っていったのに妙に他人行儀で寂しかった。あの時の光石さんはもういないと思ったんですよ」と本音をぶちまけ、光石を閉口させた。

岸井にとって伯父、伯母に当たる別れた夫婦役の岩松と美保はLINEを交換し、離婚している設定のため岩松が「今回は絡みがないですね」とメッセージを送ったという。だが、美保は「えっ? ベッドシーンと思っちゃった」と明かし、会場の笑いを誘った。

メガホンをとった森ガキ侑大監督は、同作がデビューの晴れ舞台となり「大好きな役者さんたちとデビュー作が作れて心からうれしい。今、足がぶるぶるしています」と緊張の面持ち。それでも、「泥にまみれ、汗にまみれ、死ぬ思いで作ったので皆さんに届けばうれしい。これからもオリジナルの映画が撮れる映画業界のために、皆さんの力を貸してください」と訴えていた。

舞台挨拶には他に小野花梨赤間麻里子池本啓太、大方斐紗子、松澤匠、原作・脚本の山崎佐保子が登壇した。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi