坂本龍一、自身のドキュメンタリーの監督称えるも正視はできず「客観的に見られない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月4日 > 坂本龍一、自身のドキュメンタリーの監督称えるも正視はできず「客観的に見られない」
メニュー

坂本龍一、自身のドキュメンタリーの監督称えるも正視はできず「客観的に見られない」

2017年11月4日 16:35

舞台挨拶に立った坂本龍一「Ryuichi Sakamoto: CODA」

舞台挨拶に立った坂本龍一
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 音楽家の坂本龍一のドキュメンタリー映画「Ryuichi Sakamoto:CODA」が11月4日、全国で公開された。坂本はスティーブン・ノムラ・シブル監督とともに東京・角川シネマ有楽町で初日舞台挨拶。この日が世界初の一般公開となり「全国、世界に広がるとうれしい」と期待を寄せた。

坂本が映画の初日舞台挨拶を行うのは、映画初出演で音楽も手掛けた1983年「戦場のメリークリスマス」以来、実に34年ぶり。当時の映像も入っており、「どういう音楽を作っていいか、右も左も皆目分からないのに、大島監督は何も言わない。最後まで何も言わず、作ったものを渡したらそのまま全部使っていただいた」と懐かしそうに語った。

同作は、2012年にシブル監督が、坂本が中心となった脱原発のイベント「NO NUKES」に参加したのをきっかけに、密着取材をオファー。坂本サイドから「坂本を通して、激動の日本の社会を撮ってほしい」という要望を受けて企画がスタートし、当初はテレビ番組として制作する予定だった。

だが、シブル監督は「坂本さんが、どういう音楽を作っていくのかという興味に変わり、3年計画になった」と説明。その後、14年に新アルバムを発表する予定だった坂本が咽頭がんの治療に入ったこともあり、結果、5年を費やしただけに「頑張ったかいがあった。とても光栄で、言葉にならない。大変でつらい時にもカメラを回させてくれた坂本さんに感謝です」と喜びをかみしめた。

坂本は、「おめでとう。僕はただ撮られていただけで、ひとえに監督以下スタッフの努力のたまもの」と、シブル監督の労を称えた。自身の映画の感想については、「見たけれど、とてもじゃないが正視はできない。自分の姿は恥ずかしくて客観的には見られない。僕は自分をさらすような露出狂ではない」と照れをジョークで包んでいた。

(映画.com速報)
戦場のメリークリスマス[Blu-ray/ブルーレイ] 戦場のメリークリスマス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,481 映画のみならずテーマ音楽もヒットを飛ばした、1980年代の日本映画を代表する作品。ジャワの日本軍俘虜収容所を舞台に、日本軍人と英国人俘虜との複雑な関係を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi