第30回東京国際映画祭、グランプリは近未来SF「グレイン」! 邦画が3年ぶりに観客賞受賞 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月3日 > 第30回東京国際映画祭、グランプリは近未来SF「グレイン」! 邦画が3年ぶりに観客賞受賞
メニュー

第30回東京国際映画祭、グランプリは近未来SF「グレイン」! 邦画が3年ぶりに観客賞受賞

2017年11月3日 18:31

小池百合子東京都知事、セミフ・カプランオール監督、トミー・リー・ジョーンズ「グレイン」

小池百合子東京都知事、セミフ・カプランオール監督、トミー・リー・ジョーンズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第30回東京国際映画祭のクロージングセレモニーが11月3日、東京・EXシアター六本木で行われ、各賞が発表された。今年の東京グランプリは、トルコ・ドイツ・フランス・スウェーデン・カタール合作「グレイン」が受賞し、メガホンをとったセミフ・カプランオール監督が1歩1歩、踏みしめるようにステージに上がった。

同作は混沌とした近未来のディストピアを舞台に、モノクロ映像で紡いだ渾身の一作。トミー・リー・ジョーンズ審査委員長からトロフィー、小池百合子東京都知事から麒麟像を手渡されたトルコの巨匠・カプランオール監督は、「この映画は、長い旅路を経てここに来ました。製作に5年。ここから世界に向かって、広がっていく出発点になると信じています」と破顔した。

トロフィーを両手で大事そうに抱えながら、「製作に携わってくれた友人、チーム、俳優のジャン=マルク・バールさんにお礼申しあげたい。今、とても興奮しています」と、興奮をはらませるも努めて穏やかな口調で語る。そして「私たち(人類)は世界に害を与えています。生活する全ての瞬間が、その理由になってしまいます。過剰な消費、資本主義。人々や世界に価値を見出すことが必要だと思います。私たちはどこから来て、どこに向かっていくかを理解しなければなりません」と強く訴え、「私は監督として、大地、種子、創造性に敬意を払いながら、作品をつくってまいりました。この結果は、神が導いてくださったと思っています」と戴冠の喜びを噛みしめた。

コンペティション部門には88の国と地域から1538作品(過去最多)がエントリーし、15作品が正式出品。ジョーンズ審査委員長は「最良の映画祭というものは、映画製作者や観客を、厳しい商業的需要から開放すべきもの」と信念を明かし、「カークラッシュ、レンズに銃口を向けたり、都市が爆発することや、危機に陥っている女性、思春期のスーパーヒーローの登場も必要としません」と話す。時折り笑顔を交えながら「とはいえ、そういったことが悪いと言うわけではない。ただ、我々は必須としていないだけです」「私たち映画製作者は、皆さんの時間を無駄にするために生まれてきたわけではない。よりよいものにするために生まれてきました。皆さんに謙虚な心と希望を持って仕える者だと、審査員を代表して申し上げます」と、観客に真摯にメッセージを送っていた。

また観客賞に輝いたのは、松岡茉優主演、大九明子監督作「勝手にふるえてろ」。宮沢りえ主演「紙の月」以来、3年ぶりに日本映画が同賞を射止めた。大九監督は発表の瞬間に「わー!」と大声をあげ、「小さな組で、短期集中の現場で撮影し仕上げた作品。ノミネート自体が夢のようで、楽しい1週間を過ごさせていただきました」と驚きの面持ちだ。それでも「投票してくださった1人1人にのお客さんに感謝したいです。皆さまのお力で映画を続けられたと深く実感していますし、映画にしがみついてきてよかったです」と感謝を述べた。

さらに最優秀監督賞は、ロヒンギャ難民の現実を描いた「アケラット ロヒンギャの祈り」のエドモンド・ヨウ監督の手に。「映画を作っていると、1人になってしまったと思うことがありますが、こうした映画祭で世界各国の監督と交流すると、映画人はひとつのファミリーなのだと思う。ロヒンギャのみなさんは本当に過酷な運命を背負っています。この映画を見て感じ取って欲しいですし、世界は平和にならないといけないと、強く感じます」と涙を拭う姿に、観客は万雷の拍手を送った。アジアの未来部門では、ミャンマーから来日した家族の試練を描いた藤元明緒監督作「僕の帰る場所」が2冠を達成。客席にはスタッフたちの歓喜の輪が広がり、藤元監督は「(キャストの)彼らが“映画を作る“ことを超え、彼らの生き様を精一杯描けたと思っています」と声を震わせた。

全受賞結果は以下の通り。

コンペティション部門
▼観客賞:「勝手にふるえてろ」(大九明子監督)
▼最優秀脚本賞 Presented by WOWOW:「ペット安楽死請負人」(テーム・ニッキ監督)
▼最優秀芸術貢献賞:「迫り来る嵐」(ドン・ユエ監督)
▼最優秀男優賞:ドアン・イーホン(「迫り来る嵐」)
▼最優秀女優賞:アデリーヌ・デルミ(「マリリンヌ」)
▼最優秀監督賞:エドモンド・ヨウ監督(「アケラット ロヒンギャの祈り」)
▼審査員特別賞:「ナポリ、輝きの陰で」(シルビア・ルーツィ監督、ルカ・ベッリーノ監督)
▼東京グランプリ:「グレイン」(セミフ・カプランオール監督)

日本映画スプラッシュ部門
▼作品賞:「Of Love & Law」(戸田ひかる監督)

アジアの未来部門
▼スペシャル・メンション;「老いた野獣」(チョウ・ズーヤン監督)
▼国際交流基金アジアセンター特別賞:「僕の帰る場所」(藤元明緒監督)
▼作品賞:「僕の帰る場所」(藤元明緒監督)

東京ジェムストーン賞
石橋静河(「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」)、松岡茉優(「勝手にふるえてろ」)、アデリーヌ・デルミ(「マリリンヌ」)、ダフネ・ロー(「アケラット ロヒンギャの祈り」)

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi