「不都合な真実2」のアル・ゴア氏来日決定!本予告で「未来に希望を残せ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月21日 > 「不都合な真実2」のアル・ゴア氏来日決定!本予告で「未来に希望を残せ」
メニュー

「不都合な真実2」のアル・ゴア氏来日決定!本予告で「未来に希望を残せ」

2017年9月21日 08:00

世界中で環境問題に取り組むアル・ゴア氏「不都合な真実」

世界中で環境問題に取り組むアル・ゴア氏
(C))2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 元アメリカ副大統領アル・ゴア氏が地球温暖化問題に警鐘を鳴らす長編ドキュメンタリー「不都合な真実2 放置された地球」の本予告が完成。あわせて、同作が第30回東京国際映画祭(10月25日~11月3日開催)のクロージング作品に選出されたことを受け、ゴア氏の来日が決定した。

前作「不都合な真実」(2006)は第79回米アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞し、2007年には環境問題の啓発に貢献したとして、ノーベル平和賞を授与されたゴア氏。続編となる今作では、現在も地球温暖化を止めるべく世界中を飛び回り講演活動を続けるゴア氏を追い、再び“不都合な真実”を突きつける。

本予告では、ゴア氏が地球温暖化について語り、2015年のパリ協定採択を祝う姿が映し出される一方で、ドナルド・トランプ米大統領が協定から離脱することを宣言する場面が収められている。映像は、「温暖化対策は行わない」と大々的に発表するトランプ大統領の姿に顔をしかめ、対立するように「未来に希望を残せ」と熱くスピーチするゴア氏の姿で締めくくられている。

今回の来日は、第30回東京国際映画祭での「不都合な真実2 放置された地球」上映に合わせたもので、ゴア氏は「クロージング作品に選ばれたことを光栄に思います。また、最近の異常気象により被害に遭われた日本の皆さまに対し心からお悔やみを申し上げます。来日し、異常気象の問題に警鐘を鳴らす機会に恵まれることを心待ちにしております」とコメントを寄せている。

不都合な真実2 放置された地球」は11月17日、東京・TOHOシネマズみゆき座ほか全国で公開。

(映画.com速報)
不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] 不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥927 2006年アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞、地球崩壊と人類滅亡の危機を警告する、アル・ゴア前米副大統領のスライド講演の模様を彼自身の独白を交えつつ構成した衝撃のノンフィクション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi