関ジャニ丸山、単独初主演映画は「心に残る作品」 ユースケから“ノーパン”バラされる? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月21日 > 関ジャニ丸山、単独初主演映画は「心に残る作品」 ユースケから“ノーパン”バラされる?
メニュー

関ジャニ丸山、単独初主演映画は「心に残る作品」 ユースケから“ノーパン”バラされる?

2017年9月21日 20:32

共演のユースケ・サンタマリア(右)と宮川大輔「泥棒役者」

共演のユースケ・サンタマリア(右)と宮川大輔
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「関ジャニ∞」の丸山隆平が映画単独主演を飾った「泥棒役者」の完成披露イベントが9月21日、東京・豊洲PITで行われ、丸山をはじめ共演の市村正親ユースケ・サンタマリア石橋杏奈宮川大輔片桐仁峯村リエ西田征史監督が舞台挨拶に出席した。

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の脚本で知られる西田監督が演出した、同名舞台を映画化。元金庫破りの泥棒・大貫はじめ(丸山)が、忍び込んだ豪邸で人に見つかり続け、バレたくない一心で「豪邸の主人」「絵本作家」「編集者」を必死に演じる様子をコミカルに描いた。

会場一体となった「まるちゃ~ん」という掛け声をきっかけに、丸山が金庫のなかから現れると、満場の女性ファンから大歓声が。丸山は「金庫から登場は生まれて初めて」といい、「怖かったです。狭いのとか速いのとか高いものとか、ダメなので」と閉所は心細かった様子。そんな姿に観客から「かわいい~」と声援が送られたものの、ユースケは「(丸山は)今日ノーパンだからね。ゲンを担いで」とジョークを飛ばし、丸山は苦笑しきりだった。

それでも、映画単独初主演に対しては「恐悦至極でございます」と喜びを噛み締めた丸山。愉快な面々との撮影は「和気あいあいと楽しかった」そうで、「いろんな刺激も受けました。人として成長できていたら良いなと思いましたし、心に残る作品になりました」としみじみ振り返っていた。

一方で凶悪な現役泥棒に扮した宮川は、「一番やりにくかったのが、駅前で俯瞰で撮るシーン」と告白。丸山と対面する場面だが、「スタッフさんは遠巻きにいて、目の前にいなかった。自分がセリフを言おうとした直前に、19歳の時に付き合っていた彼女が急に現れて、『大ちゃん!』て。元カノが。ほんまドッキリと思いました」と偶然の遭遇を明かし、場内のそこかしこから驚きの声が上がった。なおも宮川は「『どうしたの、その格好!? 歯、きちゃないじゃん!』と言われて、もう、いま映画やからって。その後、ものすごくやりにくくなったし、向こうにも家庭があって、子どもの写真まで見せられました」と続け、その模様を見守っていたという丸山は「ありましたねえ」と大笑いしていた。

また、西田監督はクランクイン前に言及し、「丸ちゃん(丸山)の家で本読みしようってなって。市村さんと大ちゃんも来てくれた」と話す。丸山は「市村さんは、長く続けたミュージカルの大千秋楽を名古屋でやっていらっしゃった。その足で来てもらって、すごく豪華で特別な読み合わせでしたね」とうっとり振り返っていた。「泥棒役者」は、11月18日から公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi