市村正親「一線を越えている」妻・鳳蘭と「屋根の上のヴァイオリン弾き」に意欲 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月22日 > 市村正親「一線を越えている」妻・鳳蘭と「屋根の上のヴァイオリン弾き」に意欲
メニュー

市村正親「一線を越えている」妻・鳳蘭と「屋根の上のヴァイオリン弾き」に意欲

2017年8月22日 14:45

(前列左から)市村正親、鳳蘭 (後列同)神田恭兵、唯月ふうか、入野自由、 実咲凛音、広瀬友祐、神田沙也加「屋根の上のバイオリン弾き」

(前列左から)市村正親、鳳蘭
(後列同)神田恭兵、唯月ふうか、入野自由、
実咲凛音、広瀬友祐、神田沙也加
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の市村正親が主演するミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」の製作発表が8月22日、都内のホテルで行われた。

森繁久彌さん主演の日本初演から今年で50周年の節目となる記念公演。2004年に西田敏行から主人公のテヴィエ役を引き継いだ市村は、「森繁さんがいなかったら、日本では定着していなかった。同時に家族、人権の問題など内容が豊富で作品として素晴らしい。また、僕が持つ若さ、エネルギー、情熱が支えていると自分だけで思っている」と自賛交じりに作品の魅力を語った。

09年からコンビを組んでいる妻ゴールデ役の鳳蘭とは40年来の親交があり、「僕らはもう一線を越えていますので、いいミュージカルがお見せできる」と自信ありげ。「女房のあらゆる部分を兼ね備えているツレさん(鳳の愛称)と一緒だと、任せていれば人生がうまくいくと思わせてくれる。豊満な胸の中で生きるようにやりたい」と全幅の信頼を置いた。

対する鳳も、「私が少ししか怒っていなくても、すごくおびえてくれる。市ちゃんのおかげでかかあ天下が成立している」とあうんの呼応を強調。市川の妻で女優の篠原涼子を交えて食事をすることもあるそうで、「世界中で浮気をしない男を1人挙げるとすれば市ちゃん。涼子ちゃんより素敵な人を探さなきゃいけないわけだから」と明かし、市村を慌てさせた。

娘役の3姉妹に実咲凛音、神田沙也加、唯月ふうか、各々と恋に落ちる青年に入野自由広瀬友祐、神田恭兵とキャストを一新。3姉妹が劇中曲「マッチメイカー」を披露し、市川は「いいミュージカルだとしみじみ思った。役者みょう利に尽きる、特別な作品。稽古場で0から新しい発見ができそうな気がする」と期待をにじませた。

ミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」は12月5~29日、東京・日生劇場で上演。年明けから地方巡業に入り、大千秋楽は2月12日の市川の出身地である埼玉・川越公演(ウェスタ川越)。市川は、「満杯にするために、しばらく川越に入り浸って動員に努めたい。最後にスタッフ、キャスト全員に大入りが出せるくらいチケットを売ってきます」と意気込んでいた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi