市村正親が親バカぶりを披露 「クリスマス・キャロル」感想文コンテスト : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月28日 > 市村正親が親バカぶりを披露 「クリスマス・キャロル」感想文コンテスト
メニュー

市村正親が親バカぶりを披露 「クリスマス・キャロル」感想文コンテスト

2009年10月28日 11:27

愛息の話に目尻が下がりっぱなし「Disney's クリスマス・キャロル」

愛息の話に目尻が下がりっぱなし
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の市村正親が10月27日、「DISNEY'S クリスマス・キャロル」の公開を記念して東京・築地の朝日新聞読者ホールで行われた感想文コンテスト授賞式のプレゼンターを務めた。

イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの名作小説を、ロバート・ゼメキス監督が最新のパフォーマンスキャプチャー技術を用いて映画化。強欲で町一番の嫌われ者だった老人スクルージが、過去・現在・未来の亡霊に導かれながら時間の旅をすることで、人生を見つめ直す姿を描く。今回は、一般公募による約500通の感想文から選出された6歳~58歳の受賞者7人に、最優秀賞を含む各賞の賞状と副賞が授与された。

市村は、94年に上演されたミュージカル「スクルージ」で主人公を演じ、97年の再演時には松尾芸能賞演劇優秀賞を受賞。さらに、登場人物全54役を演じた一人芝居「クリスマス・キャロル」に挑戦するなど同作との縁は深い。「いつも演じ終わるころにはスクルージと気持ちが重なり、自分自身とも向き合う作品。再来年あたりにまた演じたい」と熱っぽく語った。

また、「子どもがもう少し大きくなったら見せたい作品」と父親の顔ものぞかせた市村。「今やっている『屋根の上のヴァイオリン弾き』の公演が終わったら、親子でディズニーランドに行く計画をしている」と、妻・篠原涼子との間にもうけた1歳半の長男のことをうれしそうに話していた。

DISNEY'S クリスマス・キャロル」は、11月14日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi