貫地谷しほり、大東駿介が過ごした充実の“因島生活”に嫉妬? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月22日 > 貫地谷しほり、大東駿介が過ごした充実の“因島生活”に嫉妬?
メニュー

貫地谷しほり、大東駿介が過ごした充実の“因島生活”に嫉妬?

2017年8月22日 21:45

因島で撮影を敢行「望郷」

因島で撮影を敢行
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気作家・湊かなえ氏の第65回日本推理作家協会賞短編部門受賞作を映画化した「望郷」の完成披露上映会が8月22日、東京・新宿武蔵野館で行われ、ダブル主演を務めた貫地谷しほり大東駿介菊地健雄監督が出席。貫地谷が「誰しもが感じたことのある“窮屈さ”が映っている作品」と本作を言い表すと、続けて大東は「この作品を通じて、自分が生きた31年に初めて向き合えた気がしました。自分と見つめ合うという機会は中々ない。それを自然とさせてくれる映画」と語っていた。

累計発行部数50万部を突破した原作は6編が収録された短編集で、そのうち「夢の国」「光の航路」を映画化。ある島で起こる2組の親子の過去と未来をつなぐ物語となっており、「夢の国」パートの主人公・夢都子を貫地谷、「光の航路」パートの主人公・航を大東が演じている。また、湊氏の故郷で、物語の舞台のモデルでもある因島で撮影が行われており、菊地監督は貫地谷と大東を起用した理由について「島で生まれ育ったという感じを体現できるため」と明かしていた。

湊氏の小説が原作となった作品は「白ゆき姫殺人事件」以来となった大東が、「前回の撮影は撮影が10分で終わった」と告白すると、同じく同作に出演していた貫地谷は「私は1日(笑)」と述懐。「10分と1日は大違いですからね。台本もらったでしょ? 僕、もらってないからね。あれは全編アドリブ」と切り返した大東は「今回、台本があるから嬉しかった」と安堵の表情を浮かべた。やがて2人のやり取りを聞いていた菊地監督が「これで台本渡さないのは、かなりのチャレンジャーですよ(笑)」とツッコみを入れると、場内の至るところから笑い声が響いていた。

4年ぶりに映画主演を務めた貫地谷は、菊地監督に対して「本当に細かいところまで見てくださっている。妥協は一切ありません。私が心の中で『さっきの演技、微妙だったかな』と思っていると、監督が必ず『もう1回やろうか』と言ってくれて。この現場で大ファンになりました」とべた褒め。同じく大東からも「出会った時から信じておけば大丈夫だなと、大げさではなく感じてました」と絶大な信頼を得ていることを知った菊地監督は「マズいですね…どういう会ですか、これ」と赤面していた。

また、菊地監督と大東が「現場は毎日山場の連続だった」「貫地谷さんは苦しそうだった」と振り返ると、貫地谷は「そうなんですよ! 私、すごい苦しかったんですよ。朝から夜中まで撮影したり。なのに、大東さんがめちゃくちゃ謳歌してて」と暴露。「睡眠時間も余裕そうで。ずるいよねえ」と嫉妬心を露わにすると、大東は「レモン農家の人とご飯食べに行きました。めっちゃ友達できましたよ」と“因島生活”の充実ぶりを明かしていた。

望郷」は、9月16日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開。

(映画.com速報)
白ゆき姫殺人事件[Blu-ray/ブルーレイ] 白ゆき姫殺人事件[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,681 「告白」「贖罪」の湊かなえが2012年に発表したサスペンス小説を、井上真央主演で映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi