J・チェン&J・ノックスビル、息ピッタリのバディが「スキップ・トレース」語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月21日 > J・チェン&J・ノックスビル、息ピッタリのバディが「スキップ・トレース」語る
メニュー

J・チェン&J・ノックスビル、息ピッタリのバディが「スキップ・トレース」語る

2017年8月21日 12:00

相性最悪の凸凹コンビ演じた「スキップ・トレース」

相性最悪の凸凹コンビ演じた
(C)2015 TALENT INTERNATIONAL
FILM CO.,LTD. & DASYM ENTERTAINMENT,
LLC ALL RIGHTS RESERVED
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジャッキー・チェンが主演、「ジャッカス」シリーズのジョニー・ノックスビルが出演したバディムービー「スキップ・トレース」のインタビュー映像を、映画.comが入手した。初共演で凸凹コンビを組んだチェンとノックスビルが、お互いの印象や撮影の舞台裏、そして映画の見どころを語った。

香港警察の刑事ベニー・チャン(チェン)が、ひょんなことから相性最悪のアメリカ人詐欺師コナー・ワッツと行動をともにしたことをきっかけに、ロシアンマフィアからの逃亡劇を繰り広げる。チェンはノックスビルに対し、「クリス・タッカーオーウェン・ウィルソンを足したような男だ」と、「ラッシュアワー」「シャンハイ・ヌーン」でタッグを組んだスターを引き合いに称賛する。そしてスタントへの姿勢にも「(代役スタントを準備していたら、彼は『ジャッキー、やらせて』と来た。顔の表情でわかったよ。それで(スタントなしで)バン、バン、バンとやって戻ってくる。『やった』と満足そうな顔。僕は驚いた。そういうことができる俳優は、ごくわずかだ」と褒めちぎった。

一方のノックスビルは、「畏敬の念を抱いているので、ジャッキー・チェンの映画に出ているなんて、これほど幸せなことはない」と目を輝かせる。チェンのアドリブスタントが印象的だったようで、「ジャッキーはいきなりすごいスタントを思いつく。ある日の撮影中に、内モンゴルで座っていたら彼は宙返りできるか聞いてきた。僕は『できないがやってみる』と答えた。気づいたら、僕は手錠をかけられフェンス越しに投げられていた。すごく嬉しかったよ。ジャッキーがそんなことを考えているのに驚くよ」と述べた。

さらに、「ジャッカス」シリーズで命知らずの危険な撮影に挑んできたノックスビルについて、チェンが“クレイジー”だと感じていたことが明らかに。しかしノックスビルは「あなたの方こそって思うよね」といい、「『プロジェクトA』では、あんな落下(高さ25メートルの時計台から落下)もやった。(チェンは)初めて首から落ちた。美しかった」と笑った。息ピッタリの掛け合いを見せる2人の姿から、今作のコンビネーションを活かしたアクションと、コミカルな会話劇に期待が高まるばかりだ。

スキップ・トレース」は、9月1日から全国で順次公開。

(映画.com速報)
ラッシュアワー[Blu-ray/ブルーレイ] ラッシュアワー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥971 クリス・タッカーとジャッキー・チェンの競演で贈る、口達者なLAの刑事と腕利き香港刑事の異色コンビが巻き起こすノンストップアクション。
シャンハイ・ヌーン Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] シャンハイ・ヌーン Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,175 アメリカへ誘拐された中国のプリンセスを救うため、海と大地を超えて2人の男が手を組んだ…。ジャッキー・チェンの主演で贈る、開拓時代の西部を舞台にしたアドベンチャー・アクション。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi