広瀬すず&菅田将暉&宮野真守の“気になること”は超庶民的!?「打ち上げ花火」興収40億視野 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月19日 > 広瀬すず&菅田将暉&宮野真守の“気になること”は超庶民的!?「打ち上げ花火」興収40億視野
メニュー

広瀬すず&菅田将暉&宮野真守の“気になること”は超庶民的!?「打ち上げ花火」興収40億視野

2017年8月19日 13:03

興行収入40億を視野に入れる大ヒットスタート!「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

興行収入40億を視野に入れる大ヒットスタート!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岩井俊二監督の傑作ドラマをアニメ映画化した「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の公開記念舞台挨拶が8月19日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、岩井監督をはじめ、声優を務めた広瀬すず菅田将暉宮野真守、主題歌「打上花火」を担当した女性ラップシンガー・DAOKOが出席した。

18日に封切られ、現在全国301スクリーンで公開中の本作は、観客動員13万3000人、興行収入1億7000万円を突破。同じ金曜日公開だった「君の膵臓をたべたい」(18日に興収20億を突破)対比で188%だったことから、配給の東宝によれば興収40億円が視野に入る絶好の滑り出しだという。「モテキ」「バクマン。」の大根仁が脚本、「魔法少女まどか☆マギカ」「〈物語〉シリーズ」の新房昭之が総監督を務めた映画は、“夏休みのある1日”を何度も繰り返すなかで、中学生のなずな(広瀬)と典道(菅田)がたどり着く運命を描いた。

「気になっていることや迷っていること」を聞かれた広瀬、菅田、宮野は、発表前から「みんな同じことを言っている」「3人いますけど、答えは1つみたいなもんです」と苦笑い。トップバッターの広瀬が、「この後の空き時間、梨を食べるか? スイカを食べるか?」と照れ臭そうに読み上げると、男性陣は「かわいい~」と声をそろえる。

続く宮野は、「『今日の晩酌、ビールにするか? ハイボールにするか?』。もう、おじさん丸出し!」と自らツッコミを入れ、笑いを誘う。さらに菅田が、「これ、昨日あったことなんです。小栗旬さんに『肉、食いたいです』と言ったら、『ああ、いいね。鳥か? 焼きか?』って」と振り返り、小栗のモノマネで「肉いいね、鳥か? 焼きか?」とフリップを読み上げると、場内は大爆笑だった。

「やり直したい、夏の後悔」という話題では、広瀬が「1年に1度、『セブンティーン』の夏のファッションショーがあるのですが、1年前に初めてトップバッターを歩かせていただいた。歩くタイミングが覚えられなくて、2、3歩早く歩いちゃって」と述懐。「やばいと思って、上半身だけ下げて歩いたんです……」と明かすと、共演陣は「足が先にいっちゃったんだ!?」(宮野)、「体だけ遅らせようとしたんだ!」(菅田)と腹を抱えていた。

一方の菅田は、「この間浮き輪をもらった。この仕事をしていると海に行く機会がないから、家で膨らませてみたんです。丁度、間宮祥太朗とか、友達が家に来たんで、浮き輪の穴に入る遊びをやっていたら、浮き輪が壊れちゃった。あれは間違えた」と明かしていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi