「ファインディング・ニモ」が“アナ雪”作曲家とのコラボでエモーショナルなミュージカルに進化! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年6月25日 > 「ファインディング・ニモ」が“アナ雪”作曲家とのコラボでエモーショナルなミュージカルに進化!
メニュー

「ファインディング・ニモ」が“アナ雪”作曲家とのコラボでエモーショナルなミュージカルに進化!

2017年6月25日 08:00

米ディズニー・アニマルキングダムの人気ショー 「ファインディング・ニモ:ザ・ミュージカル」「ファインディング・ニモ」

米ディズニー・アニマルキングダムの人気ショー
「ファインディング・ニモ:ザ・ミュージカル」
As to Disney artwork, logos and
properties: (C)Disney
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞長編アニメーション賞に輝いたピクサーの人気作「ファインディング・ニモ」がミュージカル劇になったら……。そんな大胆なアレンジを見事にやってのけたのが、米フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート「ディズニー・アニマルキングダム」で10年続く人気ショー「ファインディング・ニモ:ザ・ミュージカル」。あの「アナと雪の女王」の作曲家コンビとのコラボレーションで、よりエモーショナルに進化したステージを鑑賞してきました。


画像2

[拡大画像]

グレートバリアリーフに住む、心配性なカクレクマノミのマーリンは、人間にさらわれてしまったひとり息子のニモを救うため、物忘れの激しいナンヨウハギのドリーと一緒に大海原へ。一方、水槽にいれられてしまったニモは、同じ境遇の仲間たちと脱走を企てます。舞台版では、映画のストーリーをほぼそのままなぞっているので、英語が苦手でも大丈夫。十二分に楽しめます。


画像3

[拡大画像]

ニモやマーリン、ドリーをはじめ、海の仲間たちはすべてパペットに。パフォーマーたちの全身をフルに駆使した表現で、本当に海の中を泳いでいるみたいなんです。さらに、パフォーマーたちの表情豊かな顔からは、キャラクターの感情も手にとるように伝わってきます。歌はもちろんライブ。ワイヤーで宙をスイスイ泳ぎながら美声を響かせるひと幕もあります。


画像4

[拡大画像]

アナと雪の女王」の「レット・イット・ゴー」で社会現象を巻き起こした、ロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン=ロペス夫妻が書き下ろした14曲は、どれもポップでメロディアス。映画のセリフからイマジネーションを膨らませた歌詞もユニークです。ニモとマーリン、それぞれ旋律が呼応するクライマックスは、これぞミュージカルという高揚感に包まれます。


画像5

[拡大画像]

歌や演技はもちろん、美術も秀逸。ステージ上の限られた空間を、おだやかな珊瑚礁から、アオウミガメのクラッシュ一行と旅する激流、そして水槽のなかの世界まで変化させてしまう舞台装置に、キャラクターの個性をさりげなく反映させた衣装。隅々までこだわりぬかれているのが見てとれます。マーリンと一緒に大冒険しながら、イマジネーションの奥深さはさすが、というほかありません。


画像6

[拡大画像]

上映時間は約40分と、映画の半分以下。とはいえ、にぎやかな音楽とスケールの大きな演出で、見ごたえはたっぷり。ピクサーお得意いのストーリーテリングと、ディズニーの十八番である音楽とビジュアルの融合が組み合わさり、ここでしか見られないエモーショナルな一大エンタテインメントへと進化していました。

(映画.com速報)
ファインディング・ニモ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] ファインディング・ニモ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,342 舞台はオーストラリアの大海原、グレート・バリアリーフ。度胸があることを証明しようと外に出てしまったため、人間にさらわれてしまった息子ニモ。彼を救い出すために父が仲間と共に旅をする様を描いた感動作。
アナと雪の女王 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] アナと雪の女王 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,163 姉と王国を救うため旅に出た妹の冒険と“真実の愛”を描く感動の長編アニメーション。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi