Dragon Ash降谷建志、窪塚洋介との初共演作で「新人俳優」といじられる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年6月23日 > Dragon Ash降谷建志、窪塚洋介との初共演作で「新人俳優」といじられる
メニュー

Dragon Ash降谷建志、窪塚洋介との初共演作で「新人俳優」といじられる

2017年6月23日 23:00

降谷建志と窪塚洋介「アリーキャット」

降谷建志と窪塚洋介
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 窪塚洋介とミュージシャンの降谷建志(Dragon Ash)が初共演した映画「アリーキャット」のプレミア上映会が6月23日、都内の劇場で行われ、窪塚と降谷をはじめ共演の市川由衣品川祐(品川庄司)、榊英雄監督が上映前の舞台挨拶に登壇した。

ボクシングの元東洋チャンピオン・朝秀晃(窪塚)と自動車整備工場で働く梅津郁巳(降谷)が、ストーカー(品川)につきまとわれるシングルマザー・土屋冴子(市川)のボディガードとして奮闘するバディムービー。登壇直後、窪塚は「こんばんわ、ジャッキー・チェンです」と挨拶し場内を沸かせる。これを受けた降谷も「はい皆さんこんばんわ、サモ・ハン・キンポーです」と続き、市川は「マイケル・ホイです」、品川は「どうもユン・ピョウです」と名乗り、観客を喜ばせた。

窪塚&降谷という、2人の“カリスマ”が初タッグを組んだ今作。窪塚はそのきっかけを「運命的だった」と回想する。「2年前、共通の知人であるスタイリスト・熊谷隆志さんの結婚式で、同じテーブルだったんです。『ヤァマン!』という感じで握手して、『俺ら初対面だ』ってなって。それくらい共通の仲間がいるし、昔からの連れみたいだった」と振り返り、「その出会いの2週間後くらいに、たまたまこの2人で映画を撮らないかとオファーが。『天の導きが来た、やるしかねえ』と、輪をかけて前のめりで台本を読ませていただきました」としみじみ語った。

一方の降谷は、オファーを受け思い悩んでいたといい、「(窪塚と)2人で飲みに行って。(相談すると)『なんなら自分がやりたいくらいのキャラだから、可能ならやるべき』って。『じゃあ、やります!』と言いました」と語る。すると窪塚は「俺には『建志くんは決まっています』ってオファーが来たんだけど?」と告白。品川も「俺は『窪塚くんが決まっている』と聞いた。何も決まっていなかったんですね」とぶっちゃけ、榊監督をうろたえさせていた。

また、降谷が観客に対してネタバレを話しかけたため、榊監督から「そこの新人俳優!」と痛烈なツッコミ。窪塚は「現場で建志くんへのツッコミが半端じゃなかった」と笑い、「でも建志くんは懐が深いから、フルオープンハートで現場にいてくれたし、その姿にほだされるように温度を上げていけた」と感謝する。現場では品川による“口撃”が最も激しかったそうで、品川は「すごく気さく。ちょいちょい『Dragon Ash』が漏れる時があるんですよ。ちょっとでも出たら『Dragon Ashすんなよ!』って言っていました」と説明し、降谷を大笑いさせていた。

アリーキャット」は、7月15日から東京・テアトル新宿ほか全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi