日本初の3面上映システム「ScreenX」ユナイテッド・シネマお台場に7月1日導入 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年6月1日 > 日本初の3面上映システム「ScreenX」ユナイテッド・シネマお台場に7月1日導入
メニュー

日本初の3面上映システム「ScreenX」ユナイテッド・シネマお台場に7月1日導入

2017年6月1日 14:30

スクリーン3面を使用する「ScreenX」「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」

スクリーン3面を使用する「ScreenX」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本初となる3面上映システム「ScreenX」(スクリーン・エックス)が7月1日、東京のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場に導入されることが決定した。同システムは、既存の正面スクリーンに加え、左右側面(壁面)に映像を投影。最大270度の視界によって、映画の世界に自分の感覚が没入していくような“映画体験”を堪能できる。

「ScreenX」は、韓国のCJ CGV社が開発した革新的な上映システム。2015年に韓国で導入されて以来、アメリカ、中国をはじめとする世界各国108の劇場に設置されている(17年2月時点)。上映される作品は、シーンによって正面スクリーンのみに映し出される部分と、左右側面を活用して映像を投影する場面にわかれており、映画自体が持つポテンシャルを最大限に表現。公式Youtube(https://youtu.be/bkCI__gevkk)では、上映時のイメージが確認できる動画が公開されている。


「ScreenX」の説明「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」

「ScreenX」の説明
[拡大画像]

今回の導入決定に際し、同劇場ではオープニング作品として、ジョニー・デップ主演による世界的大ヒットシリーズの第5弾「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」(7月1日公開)を上映。通常の鑑賞料金に加えて、700円を支払うことで「ScreenX」で作品を楽しむことができる。

「ScreenX」は、7月1日から東京のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で開業予定。また、同館では、6月24日から体感型上映システム「4DX」も導入される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi