ジョセフ・ゴードン=レビット、監督第2作はチャニング・テイタムと共演のミュージカルコメディ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年4月12日 > ジョセフ・ゴードン=レビット、監督第2作はチャニング・テイタムと共演のミュージカルコメディ
メニュー

ジョセフ・ゴードン=レビット、監督第2作はチャニング・テイタムと共演のミュージカルコメディ

2017年4月12日 18:42

ミュージカルコメディ「ウィングメン(仮題)」で再タッグ「ドン・ジョン」

ミュージカルコメディ「ウィングメン(仮題)」で再タッグ
写真:PictureLux/アフロ、
写真:REX FEATURES/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ドン・ジョン」で監督デビューを果たした俳優ジョセフ・ゴードン=レビットが、チャニング・テイタムと主演することが決まっていたミュージカルコメディ「ウィングメン(仮題)」で再びメガホンをとるべく、ユニバーサル・ピクチャーズと交渉に入ったと米バラエティが報じた。

マイケル・バコール(「21ジャンプストリート」)とゴードン=レビットが共同で脚本を手がける本作は、ラスベガスに不時着したパイロット2人組の珍道中を、チャートを賑わす最新ヒット曲の数々に乗せて軽快に描くもの。「ピッチ・パーフェクト」とブロードウェイのヒットミュージカル「ブック・オブ・モルモン」を足して2で割ったような作品になるという。

激しい争奪戦を経て製作・配給権を獲得したユニバーサルは、ゴードン=レビットが名乗りを上げるまでセス・ゴードンジェームズ・ボビン、「ブック・オブ・モルモン」の演出家ケイシー・ニコローらに監督の座をオファーし、交渉を進めていた。ゴードン=レビットと同様に主演と製作を兼ねるテイタムのほか、マーク・プラットアダム・シーゲルリード・キャロリン、ピーター・キアナンが製作に名を連ねる本作だが、テイタムがトム・ハーディ共演のアクションスリラー「トリプル・フロンティア(原題)」の撮影に間もなく入ることから、撮入はしばらく先になるとみられる。

2008年の戦争ドラマ「ストップ・ロス 戦火の逃亡者」で共演しているテイタムとゴードン=レビット。歌唱、踊りの実力は証明済みの2人が主演のミュージカルとあって、クオリティの高さに期待が集まる。

(映画.com速報)
21ジャンプストリート[Blu-ray/ブルーレイ] 21ジャンプストリート[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,486 鬼才キンバリー・ピアース監督が、リアルな戦闘シーンと衝撃の人間ドラマを交えて描くミリタリー・ドラマがリプライス!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi