トム・ハーディ×チャニング・テイタム、犯罪スリラーでタッグ実現? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月21日 > トム・ハーディ×チャニング・テイタム、犯罪スリラーでタッグ実現?
メニュー

トム・ハーディ×チャニング・テイタム、犯罪スリラーでタッグ実現?

2017年1月21日 11:00

「ハート・ロッカー」脚本家の新作で共演か?「ハート・ロッカー」

「ハート・ロッカー」脚本家の新作で共演か?
Photo by David M. Benett/Dave Benett/Getty Images
Photo by Jon Kopaloff/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] トム・ハーディチャニング・テイタムが、新作「トリプル・フロンティア(Triple Frontier)」で共演する可能性が浮上した。

ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」のマーク・ボールが執筆した脚本は、パラグアイ、アルゼンチン、ブラジルの国境地帯であり、犯罪組織の巣窟となっている地域を舞台にしたクライムスリラー。「オール・イズ・ロスト 最後の手紙」のJ・C・チャンダー監督がメガホンをとる。

米バラエティによれば、製作を手がけるパラマウント・ピクチャーズは先月からテイタムとハーディのタッグに興味を示し交渉を進めているが、双方のスケジュールの調整など課題は多いようだ。

同作は、キャサリン・ビグロー監督が「ハート・ロッカー」の次回作としてメガホンをとるはずだったが、先に「ゼロ・ダーク・サーティ」に着手したことで棚上げになっていた。一方で、トム・ハンクスウィル・スミスレオナルド・ディカプリオらそうそうたる面々が出演を検討、2016年初頭にはジョニー・デップが出演交渉を行っていたが、製作決定には至らなかった。

ハーディが出演した、クリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」は9月公開。テイタムは、「キングスマン」の続編「キングスマン:ザ・ゴールデン・サークル(原題)」や、スティーブン・ソダーバーグ監督の銀幕復帰作「ローガン・ラッキー(原題)」が撮影済みだ。

(映画.com速報)
ゼロ・ダーク・サーティ スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] ゼロ・ダーク・サーティ スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 史上最も過酷な作戦に投入された、20代の女性マヤ。ビンラディン搜索に全てを捧げた彼女の、想像を絶する想いとは―。『ハート・ロッカー』の監督×脚本家が、ビンラディン暗殺の真実に迫る衝撃の実話。
【おトク値!】ハート・ロッカー[Blu-ray/ブルーレイ] 【おトク値!】ハート・ロッカー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,165 「ハート・ロッカー」(兵隊用語で「苦痛の極限地帯」「棺桶」を意味する)は、高度な専門テクニックと冷静沈着な判断力を求められる爆弾処理班の若き米兵士3人を主人公に、2004年の夏、バグダッド郊外での彼らの38日間の任務を追う戦争アクション映画。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi