神山健治監督作「ひるね姫」世界40の国と地域で公開決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年3月18日 > 神山健治監督作「ひるね姫」世界40の国と地域で公開決定!
メニュー

神山健治監督作「ひるね姫」世界40の国と地域で公開決定!

2017年3月18日 16:35

世界40の国と地域で公開!

世界40の国と地域で公開!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 神山健治監督によるオリジナル長編アニメ「ひるね姫」が3月18日、全国232館で公開された。神山監督をはじめ、声優を務めた高畑充希満島真之介江口洋介高橋英樹前野朋哉が東京・新宿ピカデリーでの舞台挨拶に立った。

「攻殻機動隊S.A.C.」「東のエデン」で知られる、神山監督の5年ぶりとなる長編作。東京オリンピックの開幕が目前に迫った2020年の岡山を舞台に、居眠りばかりしている女子高生・森川ココネが、いつも見る不思議な夢を通して家族の秘密に迫っていく姿を描く。この日は、北米をはじめ、世界40の国と地域での公開が決定したことが発表された。今作がクロージング作品として上映されるニューヨーク国際子ども映画祭に参加するため、19日に渡米する神山監督は「スタッフを代表してがんばってきます」と意気込みを述べた。

3月18日は「世界睡眠デー」のため、「快眠方法」を問われた高畑は、「3秒で寝れるタイプなので、一瞬なんですよね。現場の合間もすぐに寝ちゃうから、顔の下に何かを敷こうと考える暇がない。顔に畳やボタンの跡をつけて、よく怒られる」と告白。共演陣も、「僕は3秒もいらない。しゃべりながら寝ちゃっていることがある」(満島)、「俺も意外と2秒で寝れるタイプ」(江口)、「僕は5秒くらい」(前野)、「2、3、5秒ときたので、私は4秒くらいですかね」(高橋)と言い、客席を驚かせた。

また、3月20日に51歳の誕生日を迎える神山監督に、サプライズでバースデーケーキが贈られる一幕もあった。バースデーソングの大合唱で祝福された神山監督は「びっくりして……はい、ありがとうございます」と照れ笑い。高畑が「神山さんの頭の中は宇宙みたい。それを少しのぞけて、参加までできて幸せでした。この壮大なラブレターが娘さんに届け」と書かれた色紙をプレゼント。神山監督は、「すごい、ありがとうございます」と喜び、「娘が『水色のランドセルが欲しい』と言ったことがあって。劇中に水色のランドセルを出したんです。スタッフから『なんで水色なんですか?』とツッコまれたのですが、『いいじゃない』とごまかしていた(笑)。見終えた後、娘から『ランドセル水色だったね』とメールがきました」と、愛娘とのエピソードを明かしていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi