綾野剛×熊切和嘉監督「武曲」、クラウドファンディング初日で300万円突破! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月25日 > 綾野剛×熊切和嘉監督「武曲」、クラウドファンディング初日で300万円突破!
メニュー

綾野剛×熊切和嘉監督「武曲」、クラウドファンディング初日で300万円突破!

2017年1月25日 06:00

「武曲 MUKOKU」の一場面「夏の終り」

「武曲 MUKOKU」の一場面
(C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 綾野剛熊切和嘉監督が「夏の終り」(2013)以来、約3年ぶりにタッグを組んで挑んだ「武曲 MUKOKU」が、クラウドファンディングのプラットフォームMotionGalleryで支援金を募集したところ、初日で300万円(目標金額は200万円)を突破し、その後も支援が集まり続けている。

作品は、芥川賞作家・藤沢周氏が2012年に刊行した「武曲」が原作。剣道5段の腕前を持つが自堕落な日々を送っている矢田部研吾が、恐るべき才能を秘めた高校生・羽田融と出会い、再び剣の道を歩んでいくさまを描いている。

綾野は主人公の研吾を鬼気迫る表情で演じ、宿命の対決をする融には注目の若手俳優・村上虹郎が受けて立った。さらに前田敦子風吹ジュン小林薫柄本明らが脇を固めている。脚本は、綾野主演の「そこのみにて光輝く」で第88回キネマ旬報ベスト・テン脚本賞を受賞した高田亮。撮影は熊切作品を数多く手がけ、「海炭市叙景」で第65回毎日映画コンクール撮影賞を受賞した近藤龍人。さらに音楽は池永正二、照明は藤井勇と、実力を兼ね備えたキャスト・スタッフが結集した。

熊切監督は、「『己と向き合い、己を斬る』、そんな剣の世界の精神性が、時代錯誤的のようでいて、実は今こそ必要とされる非常に現代的なテーマなのではないかと感じ、この映画を撮りました」とコメントしている。剣道を通じて出会い、運命的な闘いを繰り広げる2人の剣士の物語を海外の人々にも見てもらいたいとの思いから、海外映画祭での上映、海外配給、監督、キャストの渡航費などにかかる費用をクラウドファンディング(http://eiga.com/official/motion-gallery/)で募集している。

支援者には、応援団特別試写会や宣伝決起集会、劇場公開初日舞台挨拶への招待などの特典が用意されているが、早くもソールドアウト状態となっており、綾野人気、熊切作品への期待度の高さがうかがえる。6月に全国で公開。

(映画.com速報)
夏の終り[Blu-ray/ブルーレイ] 夏の終り[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,900 瀬戸内寂聴原作、ひとりの女とふたりの男の、センセーショナルな愛の物語。
そこのみにて光輝く 豪華版【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] そこのみにて光輝く 豪華版【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,385 芥川賞候補に幾度も名を連ねながら受賞がかなわず、41歳で自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志の唯一の長編小説を、綾野剛の主演で映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi