綾野剛「新宿スワン」シリーズは「未来を見る喜び与えてくれた」 続編公開に感慨無量 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月21日 > 綾野剛「新宿スワン」シリーズは「未来を見る喜び与えてくれた」 続編公開に感慨無量
メニュー

綾野剛「新宿スワン」シリーズは「未来を見る喜び与えてくれた」 続編公開に感慨無量

2017年1月21日 12:15

スカウトマンたちの闘争を描く「新宿スワン」

スカウトマンたちの闘争を描く
[拡大画像]

[映画.com ニュース]綾野剛園子温監督がタッグを組んだ映画「新宿スワン」の続編「新宿スワンII」が1月21日、全国333スクリーンで公開初日を迎え、綾野と園監督をはじめ浅野忠信深水元基金子ノブアキ上地雄輔広瀬アリス、プロデューサーの山本又一朗氏が東京・TOHOシネマズ新宿での舞台挨拶に出席した。

原作は和久井健氏の人気コミック。スカウトマンたちの闘争を描いた前作に続き、今作では主人公・白鳥龍彦(綾野)が横浜に乗り込み「ウィザード」の社長・滝マサキ(浅野)に挑むさまを映し出す。再び龍彦を演じた綾野は、満場となった客席に向け「前作をたくさんの方が愛してくださったおかげで、『II』をこうして皆さんにお届けできます。最後の共演者は、皆さんです」と感慨無量の様子で頭を下げた。

1月16日に発表された第40回日本アカデミー賞では、「日本で一番悪い奴ら」で優秀主演男優賞を受賞した綾野。2016年を振り返り「しっかり走らないといけない年でした」といい、「自分ひとりで走るのではなく、関わる全ての人たちを巻き込み、愛することに重点を置きました。その始点が、『新宿スワンII』の撮影でした」と明かす。以前は「近くにある幸せを見落とす恐怖があったから、常に“今”にしか集中していなかった」そうだが、「『新宿スワン』自体が、未来を見る喜びを与えてくれた作品です。『II』の撮影に入った時に、3年後、5年後を見る喜びを与えてくれたんです」と噛みしめるように語った。

さらに綾野は、敵役を演じた浅野に向かい「対峙すると、見えない拳銃を額に突きつけられる恐怖を感じていました。浅野さんのパワーが、この作品の血肉となっています」と最敬礼。一方の浅野は「剛くんと僕は、以前NHKの作品で重要な役を演じていたので、安心感がありました」とほほ笑み、「アクションでは剛くんのパワーに飲み込まれて、引っ張られて、面白かったですね」と頼もしげだった。

最後に、「自身にとって龍彦はどんな存在?」と問われた綾野。「心友(しんゆう)です。龍彦は、本当に存在しています。役が勝手に走っていく人で、僕が龍彦に付いていくことで『新宿スワン』は進んでいきました」と熱弁するなか、上地が「真面目すぎるよ。ジーンとくるけど。ボケも入れて!」と茶々を入れる。これを受けた綾野が「僕の祖父が今日、誕生日です。こんなことあるんですね。今も空から見てくれていると思います」と話せば、上地は「死んでるんかい! 生きている人の体で話していたから!」と強烈なツッコミを入れ、客席を沸かせていた。

(映画.com速報)
新宿スワン[Blu-ray/ブルーレイ] 新宿スワン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,712 新宿・歌舞伎町を舞台に男たちの熾烈な争いを描いた和久井健原作の漫画『新宿スワン』が、園子温監督×超豪華キャストで実写映画化。
日本で一番悪い奴ら Blu-rayスタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 日本で一番悪い奴ら Blu-rayスタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,836 実在の事件をもとに描いた「凶悪」で話題をさらった白石和彌監督が、2002年の北海道警察で起こり「日本警察史上最大の不祥事」とされた「稲葉事件」を題材に描く作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi