新生・浜辺美波、麻雀女子に!「咲 Saki」連続ドラマ&実写映画に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年10月28日 > 新生・浜辺美波、麻雀女子に!「咲 Saki」連続ドラマ&実写映画に主演
メニュー

新生・浜辺美波、麻雀女子に!「咲 Saki」連続ドラマ&実写映画に主演

2016年10月28日 05:00

「咲 Saki」連続ドラマ&映画に主演する浜辺美波「咲 Saki」

「咲 Saki」連続ドラマ&映画に主演する浜辺美波
(C)小林 立/SQUARE ENIX・「咲」プロジェクト
(C)Ritz Kobayashi/SQUARE ENIX
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ヤングガンガン(スクウェア・エニックス刊)で連載中の人気麻雀漫画を連続ドラマ&実写映画化する「咲 Saki」に、新生・浜辺美波が主演することがわかった。浜辺にとっては、連続ドラマ初主演となる。

小林立氏による「咲 Saki」は、麻雀の競技人口が1億人を超え、大規模な大会が開催されるようになった世界を舞台に、女子高校生たちが麻雀に打ち込む姿を描いた“熱血スポ根”漫画。勝ちも負けもしないように終局する打ち方を身につけ、麻雀への熱意を欠いていた清澄高校1年生・宮永咲(浜辺)は、全国中学生麻雀大会の覇者・原村和の天才的な打ち筋に感化され、麻雀部への入部を決意する。咲は和たちとともに、インターハイの頂点を目指し強敵たちに挑んでいく。小沼雄一監督がメガホンをとる。

浜辺は、ドラマ版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の本間芽衣子(めんま)役で注目を集め、映画「君の膵臓をたべたい」に主演、「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」の実写パートに出演するなど、注目度急上昇中の新進女優。麻雀の経験はなく、「1カ月以上かけて、麻雀の先生に来て頂いただき、打ち方、牌の持ち方、和了役など勉強しました」と今作のために徹底した役作りを行った。同世代のキャストとの共演も刺激になったようで、「原作と同じように、清澄高校の麻雀部の仲間と合宿したことで、絆が本当に強くなり、大切な夏の思い出になりました」と撮影を振り返っている。

ドラマ「咲 Saki」(全4話)は、MBSで12月4日から毎週日曜午前0時50分、TBSで12月6日から毎週火曜午前1時28分に放送。また、ドラマ「咲 Saki」特別編が、MBSで2017年1月8日に午前0時50分、TBSで17年1月10日午前1時28分に放送される。映画「咲 Saki」は、17年2月から東京・TOHOシネマズ日本橋ほか全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi