戸田恵梨香×玄理×前田司郎演出で“ただ喋るだけ”のSFショートドラマ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年10月13日 > 戸田恵梨香×玄理×前田司郎演出で“ただ喋るだけ”のSFショートドラマ!
メニュー

戸田恵梨香×玄理×前田司郎演出で“ただ喋るだけ”のSFショートドラマ!

2016年10月13日 05:00

OLたちによる“ただ喋るだけ” のワンシチュエーションコメディ!

OLたちによる“ただ喋るだけ”
のワンシチュエーションコメディ!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岸田國士戯曲賞、三島由紀夫賞、向田邦子賞などを受賞している劇作家・演出家の前田司郎が、10月13日深夜25時35分から始まるカルチャー番組「♯ハイ_ポール」内で、1話約15分・全10話のショートドラマ「タイムパトロールのOL」の脚本と演出を手がけていることがわかった。

ドラマは25世紀初頭、人類が時間を旅する技術を手に入れ、時間旅行が一般的になるにつれ時間犯罪が横行し始めるという設定。歴史が恣意的に書き換えられないよう人類は英知を結集し、時間犯罪を取り締まるべく「タイムパトロール」を組織する。有史以前の日本列島のどこかにある「タイムパトロール日本支社」で、華々しく活躍するパトロール隊員たちを陰で支えるOLたちによる“ただ喋るだけ”のワンシチュエーションコメディがつむがれていく。

OLたちの中心となるのは、シリアスからコメディまで巧みに演じきることができる女優・戸田恵梨香。さらに実力派の玄理、前田が主宰する劇団「五反田団」の西田麻耶、望月志津子が加わり、まるで舞台を見ているかのようなテンポの良い掛け合いが繰り広げられる。

戸田が演じるのは、1992年生まれで2016年から来た総務部勤務の外村リエ(24歳)。前田作品に参加するのは2度目だそうで、「あらためて『なんてくだらない事を考えているんだ』と笑いました。演出も『そこ!?』と、よく分からないところを演出、つくづく不思議で面白く魅力的な演出家だなと思いました」と述懐。さらに、「今回はドラマでありながらまるで舞台です。シュール過ぎて、本当にドラマとして成立しているのかドキドキしていますが……。このシュールさが伝わればいいな(笑)」とコメントを寄せている。


湿婆サチコに扮した玄理

湿婆サチコに扮した玄理
[拡大画像]

一方、2442年生まれで2472年から来た総務部の湿婆サチコ(30歳)を担う玄理は、戸田とはプライベートで大の仲良し。撮影時を振り返り、「楽しかったし頼もしかったです。彼女も私も普段からよく笑うほうなので、笑いが止まらなくてNGというのが全10話の中で4回くらいありましたね」とニッコリ。それだけに「内容の面白さはもちろん、この現場の雰囲気がお茶の間の皆さんにも届くといいなあ……と思いました」と明かした。

また、脚本・演出の前田に対しては「個人的に『徒歩7分』(NHK)の脚本が好きだったので、いつかお仕事をしてみたいと思っていた」という。そして、「前田司郎+SFと聞いて違和感はなかったのですが、そこに『過去・現在・未来から来たOL』、そして『舞台設定はずっと洞窟前』となると……脚本を読むまでは何が何だかわからなかったです。冒険でもするのかなと思ったら、お弁当食べながらおしゃべりしてるだけですし」と語っている。

「ジャンル的にはハードSFになります」と説明する前田は、「タイムトラベルものの金字塔を打ち立てる気持ちで挑みましたが、知識も知恵も予算もないので、こうなりました。深夜のテレビにひっそりと咲く美しき徒花をぜひご笑覧ください」と自信のほどをうかがわせている。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi