元1Dゼイン・マリク、ボーイバンドのドラマをプロデュース : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月11日 > 元1Dゼイン・マリク、ボーイバンドのドラマをプロデュース
メニュー

元1Dゼイン・マリク、ボーイバンドのドラマをプロデュース

2016年9月11日 08:00

ゼイン・マリク「BOYS」

ゼイン・マリク
Photo by Gilbert Carrasquillo/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ワン・ダイレクション」の元メンバー、ゼイン・マリクが、ボーイバンドとして活動した自身の経験を反映させた米NBCの新ドラマ「Boys(原題)」をプロデュースすることが明らかになった。米バラエティによれば、マリクは「Law & Order」シリーズで知られるベテランプロデューサーのディック・ウルフ、妻ノエル・ウルフと組んで制作にあたる。

Boys」は、世界的な成功を収めたボーイバンドの結成から絶頂期の活躍、ファンの熱狂とメンバーにかかる重圧などを描くもので、CWネットワークのドラマ「美女と野獣」のシェリー・クーパー・ランズマンとジェニファー・レビンが脚本を執筆する。キャスティングや作中で使用される音楽も、今後注目を集めそうだ。

マリクは、オーディション番組「Xファクター」にエントリーして音楽プロデューサーのサイモン・コーウェルに見出され、ハリー・スタイルズナイル・ホーランリアム・ペイン、ルイ・トムリンソンとともに「ワン・ダイレクション」として2011年にデビューし、瞬く間にトップアイドルとなった。マリクは15年3月に、ソロ活動に専念するためバンドを脱退。ソロデビューシングル「Pillow Talk」はイギリス人男性アーティストとして初めて、全英・全米ともに初登場ナンバーワンを記録した。なお、「ワン・ダイレクション」は今年3月から活動を休止している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi