リメイク版「オリエント急行殺人事件」、アンジー代役候補にシャーリーズ・セロン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月22日 > リメイク版「オリエント急行殺人事件」、アンジー代役候補にシャーリーズ・セロン
メニュー

リメイク版「オリエント急行殺人事件」、アンジー代役候補にシャーリーズ・セロン

2016年8月22日 12:00

シャーリーズ・セロン「オリエント急行殺人事件(1974)」

シャーリーズ・セロン
写真:Broadimage/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 作家アガサ・クリスティの1934年の長編小説「オリエント急行殺人事件(または、オリエント急行の殺人)」を再映画化する新作について、アンジェリーナ・ジョリーが出演を辞退したことが明らかになった。

オリエント急行殺人事件」は、名探偵エルキュール・ポアロが登場するシリーズの1作で、イスタンブールを発車したオリエント急行列車内で起こった殺人事件と犯人探しの顛末を描いたミステリー。1974年の映画版(シドニー・ルメット監督)でも広く知られる。

リメイク版は米20世紀フォックスが製作し、ケネス・ブラナーが監督とポアロ役で主演を務める。ジョリーは、74年の映画でローレン・バコールが演じたハリエット・ハバード夫人役をオファーされていたようだが、出演を見送った。米バラエティによれば、スタジオは代わりにシャーリーズ・セロンを含む大物女優たちを検討しているという。

ブレードランナー」続編の脚本家に起用されたマイケル・グリーンが脚色。リドリー・スコットサイモン・キンバーグマーク・ゴードン、ブラナーがプロデュースを手がける。

ジョリーは、夫ブラッド・ピットと共演した新作「白い帽子の女」(ジョリー監督、ジョリー&ピット脚本)が9月24日から日本公開される。また、カンボジア人作家で人権活動家ルオン・ウンの回顧録「最初に父が殺された 飢餓と虐殺の恐怖を越えて」を映画化した監督作が、ネットフリックスで年内配信の予定。さらに、2014年の大ヒット映画「マレフィセント」の続編への出演が控えている。

ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 2019年のロサンゼルスを舞台に、人間を殺したために解体処分が下された“レプリカント”と、それを追うレプリカント専門の賞金稼ぎ“ブレードランナー”を描くSF映画の金字塔的作品。
オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥927 オリエント急行の中で起こった殺人事件を巡って、それに関わった人間群像の愛憎と名探偵エルキュール・ポワロの活躍を描いたアガサ・クリスティ女史の同名小説を、アルバート・フィーニー主演で映画化した名作ミステリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi