米CWの「13日の金曜日」ドラマ化&ディストピア版「若草物語」企画が消滅 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月21日 > 米CWの「13日の金曜日」ドラマ化&ディストピア版「若草物語」企画が消滅
メニュー

米CWの「13日の金曜日」ドラマ化&ディストピア版「若草物語」企画が消滅

2016年8月21日 21:00

大ヒットホラー映画「13日の金曜日」「13日の金曜日」

大ヒットホラー映画「13日の金曜日」
写真:Interfoto/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米CWネットワークで約2年前から進められていた、大ヒットホラー映画「13日の金曜日」のテレビシリーズ化企画が消滅したことが明らかになった。

同ネットワーク社長のマーク・ペドウィッツが、テレビ批評家協会のプレスツアーの場で発表。「パイロット版としてはよくできた脚本だったが、シリーズとして持続可能だと感じられなかった。ほかにもっと強力なプロジェクトがあり、こちらは中止を決めた」と明かした。

テレビ版「13日の金曜日」は、米Emmett/Furla/Oasis Filmsと米Crystal Lake Entertainmentが制作し、1980年の第1作「13日の金曜日」のメガホンをとったショーン・S・カニンガムが制作総指揮を担当。脚本を、96年から2000年まで米NBCで放送されたドラマ「ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者」のクリエイター、スティーブ・ミッチェルとクレイグ・バン・シックルが手がけていた。

また、ペドウィッツ社長は、同じくCWが進めていた、米作家ルイザ・メイ・オルコットの名作小説「若草物語(原題:Little Women)」をディストピアSFとしてドラマ化するという企画も中止したことを明言した。

原作は、南北戦争時代を背景に、メグ、ジョー、ベス、エイミーの4姉妹の成長を描いた小説だが、ドラマ版は「荒廃したフィラデルフィアの街を舞台にした、4人姉妹のサバイバルストーリー」という、いわば世紀末ものに大胆に翻案されていた。ペドウィッツ社長は本作の脚本について「(企画を進めるに足る)レベルに達していなかった」とコメントしている。

13日の金曜日[Blu-ray/ブルーレイ] 13日の金曜日[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 倒しても倒しても甦る不死身の殺人鬼“ジェイソン”の恐怖を描いた、「13日の金曜日」シリーズ第1弾。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi