カート・コバーンの娘フランシス、初めてソロの歌声を披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月15日 > カート・コバーンの娘フランシス、初めてソロの歌声を披露
メニュー

カート・コバーンの娘フランシス、初めてソロの歌声を披露

2016年8月15日 12:00

フランシス・ビーン・コバーン「ニルヴァーナ」

フランシス・ビーン・コバーン
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ニルヴァーナ」のフロントマンだった故カート・コバーンさんと、「ホール」のシンガー、コートニー・ラブの間に生まれた娘フランシス・ビーン・コバーン(23歳)が、インスタグラムで初めてソロの歌声を披露した。

フランシスは、ロックバンド「ジミー・イート・ワールド」の2001年のヒット曲「The Middle」(4枚目のアルバム「Bleed American」に収録)をカバー。インスタグラムに投稿された動画はほんの数秒だが、アコースティックギターを演奏しながら美しい歌声を響かせている。この動画に、ラブは「私と同じようにお父さんもとっても誇りに思っているはずよ。心から愛している」とコメントした。

フランシスは、2010年にアマンダ・パーマーのバンド「エヴェリン・エヴェリン」にコーラスとして参加している。美術家としても活動するフランシスは先日、SNSショッピングアプリdepopで自身の描いたドローイング作品数点を出品した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi