【全米映画ランキング】「ジェイソン・ボーン」がシリーズ歴代2位のOP興収で首位デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月2日 > 【全米映画ランキング】「ジェイソン・ボーン」がシリーズ歴代2位のOP興収で首位デビュー
メニュー

【全米映画ランキング】「ジェイソン・ボーン」がシリーズ歴代2位のOP興収で首位デビュー

2016年8月2日 17:30

初登場1位「ジェイソン・ボーン」「ジェイソン・ボーン」

初登場1位「ジェイソン・ボーン」
(C)Universal Pictures
[拡大画像]

[映画.com ニュース]3本の新作がランクインした7月最終週の全米ボックスオフィス。約5920万ドルのオープニング興収で首位デビューを果たしたのは、マット・デイモン主演の人気アクションシリーズの最新作「ジェイソン・ボーン」だった。

同シリーズはロバート・ラドラム原作の「暗殺者(原題はThe Bourne Identity)」を下敷きに、記憶を無くしたCIA史上最強の暗殺者ジェイソン・ボーンの「自分探しの旅」を描いた作品。第3作「ボーン・アルティメイタム」でボーンは、自分の過去と本名がデビッド・ウェブであることを知り旅は一段落を迎えたが、今作では隠されていた過去の秘密をめぐり、再び戦いに身を投じることになったボーンの新たな旅が描かれる。6000万ドル弱のOP興収は「ボーン・アルティメイタム」(07/約6900万ドル)に次ぐシリーズ歴代2位。レビューも第3作「アルティメイタム」ほど絶賛評は集まらなかったが、一部を除いて概ね高い評価となっており、まずまずのスタートとなった。

共演はオスカー俳優のトミー・リー・ジョーンズ、アリシア・ビカンダーにジュリア・スタイルズバンサン・カッセル。メガホンをとったのはシリーズ第2作「ボーン・スプレマシー」、第3作「ボーン・アルティメイタム」、「グリーン・ゾーン」に続き、デイモンとは4度目のタッグとなったポール・グリーングラス。ちなみにジェイソン・ボーンとは別のCIA暗殺者の活躍を描いたシリーズ第4作「ボーン・レガシー」の主人公アーロン・クロス(演じたのはジェレミー・レナー)は本作に登場せず、クロスを主人公にした「レガシー」の続編が17年にジャスティン・リン監督&レナー主演で映画化される予定。

2位は前週首位の「スター・トレック BEYOND」。10日間の累計は1億ドル超でグロスは1億5000万ドル近辺となりそう。約2300万ドルのOP興収で3位デビューとなったのは、PTA内でのママたちの争いをコミカルに描いたR指定コメディ「Bad Moms」。ミラ・クニスクリステン・ベルキャスリン・ハーンら扮する若いママたちが、PTAを仕切るクリスティーナ・アップルゲイトジェイダ・ピンケット・スミスら高飛車なママたちと対決する。監督は「ハングオーバー」シリーズの脚本や「21オーバー 最初の二日酔い」などで知られるジョン・ルーカススコット・ムーア

その他8位にはエマ・ロバーツデイブ・フランコ主演のティーン向け犯罪ミステリー「Nerve」が入った。

今週末は、DCコミックスの悪役が大挙して登場するアメコミ版「特攻大作戦」と呼ばれている「スーサイド・スクワッド」のほか、ケビン・スペイシー、クリストファー・ウォーケン、ジェニファー・ガーナー出演のコメディ「Nine Lives」(バリー・ソネンフェルド監督)が公開に。

ボーン・アルティメイタム[Blu-ray/ブルーレイ] ボーン・アルティメイタム[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 記憶を失った男ジェイソン・ボーンを巡る物語を描いた、マット・デイモン主演のノンストップ・アクション『ボーン』シリーズ3部作の最終章!
21オーバー 最初の二日酔い[DVD] 21オーバー 最初の二日酔い[DVD] 最安価格: ¥4,104 「ハングオーバー!」シリーズの脚本家が贈る、青春ハチャメチャ爆走コメディ!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi